日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > ボヤキまくりのノムさん、”マーくん”田中将大からも相手にされず……

ボヤキまくりのノムさん、”マーくん”田中将大からも相手にされず……

nomusan.jpg『負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 』
(朝日新聞出版)

 東北楽天ゴールデンイーグルスの元監督・野村克也氏が白い目で見られている。先日とあるイベントに出席したノムさんは、タレント・里田まいとの交際が発覚した教え子の”マーくん”こと田中将大投手について聞かれ、「もう(田中とは)縁は切ったから」とそっけなく言い放った。

 これもノムさん流のボヤきかと思いきや、真相は違う。野球担当記者が明かす。

「ぶっちゃけ、マーくんはノムさんのことを毛嫌いしているんですよ。それまでは監督をやっていたから従っていただけ。ノムさんの監督解任が決まると、マーくんは『もう気を遣う必要はない!』と手の平返し。選手会が企画した野村監督の慰労会をドタキャンしています」

 原因はチクチク嫌味を言われることだったようだが、ノムさんにしても慰労会にマーくんが来なかったことに不満を募らせていたという。

「その結果、イベントで『縁切った』発言が飛び出したんです。今後もマーくんへの口撃は続くでしょうね」(同関係者)

 監督解任のきっかけも、楽天フロントへの批判だったと噂されるノムさん。今の矛先は現・楽天監督である星野仙一氏だが「星野さんはノムさんを”老害”扱いしていて、相手にする気はしていません。ノムさんは東スポなどの御用新聞を通じて話題を振りまいていますが、影響力はゼロ。遠吠えにしか聞こえませんね」(球界関係者)

 名監督と言われたノムさんだが、自身のボヤきが災いし、その影響力も低下しているようだ。

負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上

なんだか切なくなる……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「選手やコーチを折伏!?」”宗教戦争”を制した千葉ロッテ・西村監督を危惧する声
超大物もどっぷり!? 角界を揺るがすプロ野球賭博騒動が芸能界にも波及か
“クビ”からの再起。這い上がる男たちの生き様『プロ野球「戦力外通告」』

最終更新:2013/02/12 11:40
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真