日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48新作収録曲が別のアイドル曲にソックリ!? 音楽業界禁断の”リメイク曲”物語

AKB48新作収録曲が別のアイドル曲にソックリ!? 音楽業界禁断の”リメイク曲”物語

sakuranoki.jpg「桜の木になろう」(キングレコード)

 2月16日に新曲「桜の木になろう」(キングレコード)をリリースするAKB48。このカップリングに収録されるグループ内ユニット・DIVAの「エリアK」が、かつて活動したアイドルグループの楽曲とまったく同じメロディだとネット上で話題を呼んでいる。あるアイドル雑誌の編集者は次のように明かした。

「『エリアK』は、スターダストプロモーション所属で2005年から09年に活動したアイドルグループ・Power Ageの未CD化楽曲『if you』と完全に一致します。一方、歌詞は、別物で、Power Age版はメンバーが書いたもの、AKB48版は当然、秋元康氏のペンによるものです。ところが、コーラスの『♪Everybody DANCE』というフレーズは同じものが使われています。Power Ageには、同じくスターダスト所属である、ももいろクローバーの有安杏果のほか、過去には、現在AKB48研究生の市川美織も所属していました」

 実は、「エリアK」も「if you」も作曲者は、SMAPのシングル「弾丸ファイター」などで知られる作曲家・Gajin氏であり、事実上のリメイクとなるようだ。実はAKB48にはこのような楽曲の例がいくつかある。

 チームA・Kシャッフルで行われたひまわり組2nd公演の「ハートが風邪をひいた夜」は、アニメ『ひまわりっ!!』のキャラクターソングソングとして、しきみ役の声優・平野綾が歌う「ひとひらノ恋」と同じメロディである(作曲は、前者がAKB48「スカート、ひらり」「初日」で知られる岡田実音氏作曲、後者が岡田氏が所属するLINKMORE PROJECT.名義)。また、派生ユニット・ノースリーブスの「バスストップ」は、バンド・The BABYSTARSの「恋のバスストップ」と同一で、作曲家はいずれも同バンドの田中明仁氏。また、チームAの3rd公演の「Warning」も、hy4_4yhのプロデューサー・エザキマサル氏が別のアイドルに提供した楽曲のリメイクだ。

 作曲家本人が了解しているのであれば、別のアーティストに曲を提供することは問題がないようだが、なぜこのようなことが起きるのだろうか? ある音楽雑誌のライターは次のように明かした。

「AKB48は公演ごとに300曲以上の候補から楽曲をコンペで決めています。いわば楽曲の『選抜』ですね。作曲家もコンペには多ジャンルの曲が要求されるので、同じ曲を同時に別のコンペに出すこともある。選ぶ側は、曲の良さ、グループに合うかだけで決めているので、過去に誰かに提供したかまでは調べられないんでしょうね。実はこのようなリメイクの例は、ほかのアーティストでも多々あります。尾崎紀世彦の代表曲『また逢う日まで』は筒美京平氏作曲で、あるCMの候補曲となるもボツ、さらに、故・阿久悠さんが作詞してコーラスグループのズー・ニー・ヴーがリリースするもヒットせず、阿久さんが歌詞を書き換えて、尾崎に提供したところ100万枚を超えるヒットになりました。また、バラエティー番組『水曜どうでしょう』(HTB)の応援歌として作曲された『1/6の夢旅人』は、メロディがV6の『always』という曲に起用され、番組内で使用できなくなるという複雑な権利問題を抱えていました」

 最近では、KAT-TUNのシングル「CHANGE UR WORLD」のカップリング曲「NEVER x OVER~ 「-」 IS YOUR PART~」(作曲・Hans Johnson・t-oga・NAO・ATSUSHI・Tatsuya Ueda・King of Slick・Magnus Funemyr、編曲:Hans Johnson)は、VOCALOIDクリエイター・AVTechNO!の曲「DYE」に酷似していると騒動になったが、最終的にAVTechNO!がブログで、「『DYE』の件につきましては、先方に『NEVER×OVER』の制作にあたり、アレンジにAVTechNO!の楽曲『DYE』の影響があった事実を認めて頂き、然るべき処遇をして頂くという事で解決いたしました」と報告。事実上、KAT-TUNサイドのパクリだと認めた。今回は、このような別の作家による剽窃ではないことは言うまでもない。

 同じ曲でも、歌うアーティスト、タイアップ、発売タイミングなどの条件によって売れるか否かは一変する。作曲家が快心の出来だと認める楽曲が大衆の心をつかみ、必ず売れるわけでもないのが実情だ。過去の名曲が新たなスタイルで蘇るのはリスナーにとってもいいことかもしれない。だが、一抹の寂しさを禁じ得ないのはなぜだろうか。
(文=ポイズン戸田)

桜の木になろう(Type-A)(DVD付)

怖いものなし。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
AKB48″控えの組”構想を正式発表「怠慢メンバーvs.研究生」のサバイバルレースが開戦
AKB48ライブで50人が出禁処分!! その裏で関係者が女子高生を優遇し、支配人が謝罪
ショック! AKB48・板野友美がソロデビュー曲熱唱もメンバー全員無表情

最終更新:2013/01/29 15:16

AKB48新作収録曲が別のアイドル曲にソックリ!? 音楽業界禁断の”リメイク曲”物語のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

瓜田純士がアンチにマジ切れ!?

 “キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が愛妻と共に、2作目のミュージックビ...
写真