日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「不祥事に甘い音楽業界も……」東京事変ドラマー逮捕で業界に広がる不安とは

「不祥事に甘い音楽業界も……」東京事変ドラマー逮捕で業界に広がる不安とは

tokiojihen_sports.jpg『スポーツ』東京事変(EMIミュージックジャパン)

 椎名林檎が所属するバンド・東京事変のドラマー刄田綴色こと畑利樹が、10日に公務執行妨害で逮捕された事件が波紋を呼んでいる。出演予定のテレビ番組をすべてキャンセルした上、23日に発売予定だったシングルが発売延期になったほか、20日よりオンエアされる資生堂CMも、BGMがドラム抜きのピアノバージョンに急きょ差し替えられた。

「所属のレコード会社(EMIミュージック)としては非常に頭の痛い事態でしょう。椎名林檎本人のメディア露出とCD発売を合わせた大キャンペーンをいざ行おうとした際に、よもやの事件発生ですから。CMクライアントに対する賠償責任も生じますし、その金銭的な損害は計りしれません」(別のレコード会社関係者)

 椎名林檎といえば固定ファンを多く抱え、Jポップ界でも安定した人気を誇っているミュージシャンの一人。もっとも、デビュー直後の大ブレイクぶりを振り返れば、やや地味になった印象は否めない。前述の関係者は「レコード会社としてはソロに専念してほしいのが本音では」と話す。

「東京事変は音楽通からは高い評価を得ていますが、作品がマニアックで、一般層への浸透ぶりは今一つ。そこで今回、椎名林檎本人をCMなどで前面に押し出してソロに近いプロモーションを展開したのに、事件が起きてしまった。ソロでやったほうが売れますから、東京事変の立場はさらに厳しくなるでしょうね」

 他にも、ミュージシャンの不祥事は起きている。14日にはRABBITの元ギタリストの野下俊哉が強制わいせつ容疑で逮捕された。技巧派ギタリストとしてハードロックやメタル好きには名の知られた存在であったが、彼は一昨年にも同じ容疑で逮捕されており、復活の道は厳しそうだ。

「芸能界ほどではないですが、音楽界はもともと不祥事を起こした人間に対して寛容でした。2~3年もすれば復活するのが一般的でしたが、ミュージシャンの岡村靖幸のように何度も捕まるようなケースだと、いくら才能があっても、どのレコード会社も手を出そうとしません。特に外資系のレコード会社はコンプライアンス重視の方針を打ち出しており、不祥事即クビというケースも増えてきました」(マネジメント関係者)

 東京事変の場合、メンバーチェンジをしないままバンド活動を続けるというが、これまでのように伸び伸びと活動できるかどうかは不透明だ。
(文=辻道明)

スポーツ

2月24日発売予定です。が。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「レタッチはあゆだけじゃない!」アラフォーバンドの大掛かり過ぎる写真修整事情
「もうCD販売には見切り!?」ミュージシャンが続々CM出演に踏み切る裏事情
“顔面崩壊”から「キレイになった」!? プチ整形に走るミュージシャンたち

最終更新:2011/02/20 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed