日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 落球誤審の脇谷「テレビの映りが悪い」発言に電機大手の広報が反論!

落球誤審の脇谷「テレビの映りが悪い」発言に電機大手の広報が反論!

wakitaryota.jpg読売巨人軍公式サイトより

 20日に兵庫・阪神甲子園球場で行われたプロ野球・阪神×巨人の”誤審騒動”が波紋を広げている。

 問題の場面は7回裏の阪神の攻撃中。二死一、三塁で阪神ブラゼルの打球がセカンドの後方にフラフラと上がり、二塁手の脇谷が後ろ向きで手を伸ばしたシーンだ。ボールは脇谷のグラブをかすめてグラウンドに落ちたが、土山一塁塁審はこれをキャッチしたとしてアウトを宣告。甲子園のスタンドからは大ブーイングが巻き起こり、阪神・真弓監督も猛烈な抗議を行ったが、判定が覆ることはなかった。

 試合は結局、5-4で巨人が勝利したが、問題の”誤審”場面をめぐってはネット上の掲示板も大炎上。すぐにテレビ中継のVTRがYouTubeなどにアップされ、脇谷の落球シーンが繰り返し再生されては「やはり誤審だ」という書き込みが相次いだ。 

 さらに、こうした炎上に油を注いだ形になったのが、試合後の報道だ。スポーツニッポンが脇谷のコメントとして「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR? テレビの映りが悪いんじゃないですか」と含み笑いで主張していたことを伝えると、掲示板には「このコメントはあかんわ 巨人軍は紳士やろ」「プレーと判定は仕方ないが、この発言はない」などの批判コメントや「やっぱりアナログ放送はダメだな、落ちてるようにしか見えない」「ウチのテレビが壊れているのか」などの皮肉コメントが殺到する事態となっている。

 この脇谷の「テレビの映りが悪いんじゃないか」という発言について、国内大手電機メーカーの広報担当者はサイゾーの取材に対し、「その場で起こったことを、ありのままに表現するのがテレビの良さだと認識している。昨日の試合は個人的にも観戦していたが、脇谷選手の発言については、お客さまの判断に委ねたい」とコメント。

 震災の影響で、開幕前から挙行の是非について議論を呼んだ今年のプロ野球シーズン。開催そのものに否定的な声も少なくない中、NPB(日本野球機構)は「全試合をチャリティー試合とする」と宣言しており、この日も選手たちは喪章をつけて試合に臨んでいる。プロスポーツやエンターテインメント産業全般の在り方が問われている時期だけに、各選手はプレーだけでなく言動にも注目が集まっていることを自覚した方がよさそうだ。

SHARP LED AQUOS 40V型

心外です!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2023/06/12 20:05
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真