日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 最後の破滅型? 音楽界でささやかれる「武闘派・布袋寅泰」最強伝説とは

最後の破滅型? 音楽界でささやかれる「武闘派・布袋寅泰」最強伝説とは

hoteitomoyasu0514.jpg『PROMISE』EMIミュージックジャパン

 今年7月30日に、震災復興支援のために吉川晃司とのCOMPLEXを21年ぶりに復活させる布袋寅泰。「BOφWY復活騒動」では氷室京介との関係が再び取りざたされるなど、このところ脚光を浴びる機会が増えている。

 しかし、音楽業界での布袋の評価は必ずしも定まっていないという。ギタリスト布袋の実力は誰もが認めており、1980年代から90年代にかけて大きな功績を残しているが、人間性にいささかエキセントリックな面があるというのだ。

「布袋さんは普段は穏やかな紳士なんです。けれどいったん怒り始めると手が付けられない……というよりも、手が出てしまう(苦笑)。COMPLEXの解散の原因が、打ち上げの席で吉川の一言にキレた布袋が殴りかかったから、というのは有名な話です。他のミュージシャンとの暴力沙汰の話もいくつかあり、スタッフから怖がられているのは事実です」(音楽関係者)

 実際、2007年に布袋は、友人関係にあった作家・ミュージシャンの町田康に暴行を働き、後に書類送検されている。こちらは「音楽活動方針をめぐってケンカになった」と布袋は説明したが、キレた布袋が一方的に暴行を加えたのが真相と言われている。

「その後、09年には宮崎県で頭蓋骨骨折の重傷を負いました。こちらは『酒に酔って自分で転倒した』と釈明していましたが、いくら長身とはいえ、滑って転んで頭蓋骨が折れるとは考えにくい。酒場でケンカを吹っ掛けたものの、返り討ちに合った結果ではないか? と業界内ではささやかれていました。実際、この事件については語るのもタブーでした」(前出関係者)

 数々の武勇伝も手伝ってか、布袋がスタジオやレコード会社に姿を現す際には、各スタッフが直立不動で出迎えるのが慣例だという。

「ロックスターと呼ばれる人は、実際にはおとなしい人が多いんです。矢沢永吉やGACKTあたりが典型で、カメラが回ってないと物静かで、大げさな出迎えなども好まない。そんな中、今の邦楽界で歩いているだけで威圧感を与えるのはX JAPANのYOSHIKIと布袋、長渕剛くらいですね。YOSHIKIは日本にいませんし、最近は長渕も丸くなりましたから、布袋が今日本で一番怖いミュージシャンかもしれません」(イベント関係者)

 先日は、東日本大震災の被災地域に赴いて支援活動を行うなど、セレブらしい責任行動も見せている布袋寅泰。「酒を飲まなければ知的な紳士」とも言われる布袋、イベント続きの夏のさなかに暴発しなければいいが……。
(文=水島雄太)

PROMISE

身長187cm。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/13 16:36
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真