日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48板野友美 人気モデルに囲まれた”公開処刑”に、やはり涙していた

AKB48板野友美 人気モデルに囲まれた”公開処刑”に、やはり涙していた

itano0710.jpgピンなら大丈夫!

 近年まれに見る”大惨事”が起きてしまった。先月28日、AKB48の人気メンバー板野友美、蛯原友里、道端ジェシカら「サマンサタバサ」ミューズたちが都内で行われた「サマンサミューズALL STARS CM制作記者発表会」に登場した。

 8月下旬よりオンエアされる新CMは、日本中に笑顔を届けるべく板野、蛯原、道端、ローラ、山本美月、土屋巴瑞季、テイラー・モムセンら7名のミューズが総出演。写真家の蜷川実花が企画・監督を務め、女性の持つしなやかさを全面に表現している。と、ここまでは良かったが、”惨事”はマスコミ向けの写真撮影で発生した。

 モデル全員が横並びになり、ポージングするシーンで、長身モデルと板野の”高低差”がこれでもかと強調されてしまったのだ。

 某カメラマンは「現場ではそれほど違和感は感じなかったのですが、撮った写真を見た瞬間、ビックリしましたよ。板野さんだけまるで子どものようなスタイルだったんですから!」とニヤケながら語る。

 身長154cmの板野に対し、蛯原は168cm。板野の左隣にいた土屋に至っては171cmの長身だ。板野との身長差は15cm以上あり、どうしても板野だけが目立ってしまう。

 ファッション関係者は「板野さんはAKB48のファッションリーダーで、女子中高生から絶大な支持を受けていますが、あの写真だけ見ると『やっぱりその世界のプロとは開きがあるな』と誰もが感じることでしょう。これはもうね、事務所のキャスティングミスですよ! 板野さんが不憫で仕方がないですよ」と力説する。

 当の板野も翌日、紙面化された記事や「2ちゃんねる」で”公開処刑”と称された自身のスレッドを見て、意気消沈。「ものすごい落ち込んで、半泣き状態だったそうです。周囲が必死に『おまえが一番かわいい』『目立つことはいいことだ』と励まし、何とか持ち直したそうですが、トラウマにはなったでしょうね」(週刊誌デスク)

 先日のAKB48選抜総選挙では”神7″と呼ばれる中心メンバーから落選してしまったともちん。その矢先の”事故”は踏んだり蹴ったりだったに違いない。

【特典生写真付き】ふいに(type-A)(DVD付)

アップならさらに大丈夫!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/12 14:40

AKB48板野友美 人気モデルに囲まれた”公開処刑”に、やはり涙していたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

板橋大山が再開発事業でさらに変わる!?

 東京都板橋区に位置する大山は下町風情と昭和の...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真