日刊サイゾー トップ > 芸能  > 梅沢富美男、支持率急上昇のナゾ

梅沢富美男の政治批判に「よく言った!」一方、サンドウィッチマンは好感度に陰り…コロナ禍で得する人損する人

文=日刊サイゾー

明暗分けた梅沢富美男とサンド伊達

 新型コロナウイルス感染拡大のニュースが毎日のように流れる中、タレントたちの政治的発言が増えている。

 4月21日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)では、コメンテーターとしてリモート出演した梅沢富美男が、政府の10万円特別定額給付金政策に言及。「(政治家たちは)お殿様気分でいるんだったらいればいい! じゃあ下々に一回降りてきてどんな生活をしているのか、どんな暮らしをしているのか、テメエの目でちゃんと見ろ」と語気を強め、「手あげた人に10万円くれるって失礼じゃないですか」「あんたたちの給料は俺たちの税金ですよ。それをあんた自分の金みたいに言って」と猛烈に批判、司会の宮根誠司も止められないほどヒートアップした。

 これに対し視聴者からは、「おっしゃる通り」「忖度なしに正々堂々と意見できるのは立派」と大反響を呼んでいる。梅沢といえば、バラエティ番組で女性芸人をブス呼ばわりしたり、社会的ニュースに的外れなコメントをしたりと、これまで幾度となく炎上してきた。一部では「老害」などと揶揄されることも多かったが、ここにきて梅沢の奔放なキャラクターが好転したようだ。放送作家のA氏はこう分析する。

「梅沢さんは昭和気質の頑固ジジイキャラで、これまではそれがマイナスに働くことも多かった。しかし、今回はあのべらんめえ口調が視聴者に刺さったんでしょうね。最近だと、坂上忍さんなんかも強い言葉で政権批判を繰り広げて、一定の支持を得ているようです。

 だけど実はこの人たち、特段に強い政治信条があるわけじゃないと思います。梅沢さんも坂上さんも単純に『怒り』を売り物にして稼ぐ人なんですよ。右も左も関係なく、自身の“粗暴なキャラクター”を最大限に生かし、ただ『怒ることができる方向』に向いて意見を述べてるだけ。

 こういう人たちが持て囃されるようになるということは、すなわち視聴者も日々の生活や社会に対してストレスを溜めている証左なのかも。梅沢さんや坂上さんが喚くことで『自分の怒りを代弁してくれた!』って気分になるんでしょう。となるとコロナ禍の混沌が続くほど、芸能界の“老害オジサン”たちは生き生きと暴れまわるかもしれないですね(笑)」(放送作家A氏)

 一方で、これまで好感度が高いことで知られていたサンドウィッチマン・伊達みきおの政治的発言が、批判にさらされている。

12

梅沢富美男の政治批判に「よく言った!」一方、サンドウィッチマンは好感度に陰り…コロナ禍で得する人損する人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真