日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「アイツをなんとかしろ!」母親のせいで窮地に立たされたオリラジ・藤森の今後

「アイツをなんとかしろ!」母親のせいで窮地に立たされたオリラジ・藤森の今後

or0815.jpg『VS』(よしもと・アール・アンド・シー)

 持ちネタの「武勇伝」でブレークしたものの、一時期は低迷していたお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」。しかし、メンバーの藤森慎吾は「チャラ男」キャラがウケ、再びブレークした。

「もともと、藤森は上野樹里や加藤夏希と浮き名を流すなどモテモテだった。そこで、藤森はそれを逆手にとって自らチャラ男キャラを確立し、芸能界での自分の居場所を見つけた」(スポーツ紙記者)

 おかげで今では藤森はイベントに引っ張りだこ。話題のグループ「あやまんJAPAN」とコラボレーションしたシングル「夏あげモーション」を発売するなど勢いがあるが、なんと母親のおかげで窮地に立たされてしまったという。

「藤森のブレークに伴い、母親・美代子さんがテレビに出ることが多くなった。美代子さんは藤森のチャラ男キャラについて、『本当はあんな子じゃない』『あれはキャラ』などと弁解していた。気分がいいのかトーク内容はどんどんエスカレートし、先日出演した『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、藤森が自宅で恋人と寝ていたところに、美代子さんが突然やってきて、彼女と偶然出くわしたとのエピソードを暴露。番組ではさすがにお相手の名前を明かさなかったのだが……」(週刊誌記者)

 ところが、「女性セブン」(小学館)の8月25日・9月1日号の取材に対して、美代子さんはあっさりお相手をバラすという”リップ・サービス”をしてしまったのだ。

「同誌の取材に対し美代子さんは『鉢合わせしちゃいましたよ、加藤夏希ちゃんと』と明かした。加藤と藤森は昨年11月に熱愛が発覚したが、美代子さんが会った時点では破局寸前だったのか、加藤はなんとなくよそよそしかったという。ところが、美代子さんはこのエピソードだけにとどまらず、『実は上野樹里ちゃんとも会ったことがあるの』と明かし、『”自分を持ったしっかりした子”って印象でしたね。だから、母親の勘で、”慎吾には無理だろうな”って思ってたら、案の定別れた(苦笑)』と余計なことをしゃべってしまった。どうやら、これが上野の所属事務所『アミューズ』の幹部の逆鱗に触れ、ある幹部は『あの男をなんとかしろ!』と怒り狂っているらしい」(芸能プロ関係者)

 上野といえば、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』に主演しているが、視聴率が振るわず、「先輩女優が多い現場にもかかわらず、上野の自由奔放な言動は変わらず、よく週刊誌のネタにされているため、上野の所属事務所は相当神経質になっている。おまけに、”消したい過去”である藤森との過去を蒸し返されては”営業妨害”とばかりに『吉本に抗議しろ』と息巻く幹部もいるようだ」(同)というから、なんとも穏やかではない。だが、チャラ男・藤森にキレているのは上野の事務所だけではないようだ。

12

「アイツをなんとかしろ!」母親のせいで窮地に立たされたオリラジ・藤森の今後のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(1)

 東京ドームで6月13日、格闘技イベント「RIZIN.28」が開催される。同大会のエ...
写真