日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > スケールアップしたももいろクローバーZが東京・よみうりランドで野外ライブ!!
徹頭徹尾、超エンタテインメント!

スケールアップしたももいろクローバーZが東京・よみうりランドで野外ライブ!!

mmcl_ym01.jpg

 8月20日、よみうりランド・オープンシアターEASTでももいろクローバーZがおよそ6,000人のファンを集め、単独ライブを行った。その名も「ももいろクローバーZ サマーダイブ2011~極楽門からこんにちは~」。

 アリーナ後方の芝生立見席だけで昨年の日本青年館に等しい人数が集まったというから、その賑わいたるや筆舌に尽くしがたい。

 いつものイントロダクション……と思いきや、SEは途絶。謎のテーマとともにパンダ的な頭部のリーダーに導かれてモノクローム衣裳(縞々)の一団が登場する。

mmcl_ym02.jpg

 「ものクロ帝国」は、週末、色とりどりのTシャツを来てももクロZのライブに馳せ参じ、大いにはしゃぐ「ダメなおとな」を成敗しようと、3人の男をステージに上げてシャツを黒く「シックな装いに」染めてしまう。そして憤りがおさまらないものクロ帝国が会場中をモノクロにしようとの企みを発動させたとき、ついにももクロメンバーが参上! タイトルどおりに「極楽門からこんにちは」してしまったわけである。

mmcl_ym03.jpg

 ももクロメンバー5人はなぜかクレーンで最高地点まで到達したあと下に降り、アリーナの通路をしゃがみポーズで進み、ステージ上で直接対決。必殺技が炸裂、ものクロ帝国を改心させてライブが始まった。

mmcl_ym04.jpg

mmcl_ym05.jpg

 もともと戦隊ものコンセプトで再起動しただけに、よみうりランドでのヒーローショー/ヒロインショー仕立ての寸劇とは相性抜群! 会場のムードを適度に熱したところでZ以降のテーマ曲とでも言うべき「Z伝説 ~終わりなき革命~」でしょっぱなからテンションが上がっている。

mmcl_ym06.jpg

 大会場ということで、歌詞の印象的な部分や自己紹介MCの決まり文句がディスプレイに映し出される豪華仕様。その装置のおかげだけではなく、お約束を飲み込めていたほうが楽しいライブを、一見さんであっても参加しやすい開かれた雰囲気に持っていく辺りはさすが。派手でわかりやすい踊り、ダイナミックな楽曲、かわいらしいMC、クレーン車に乗るなどのサービス過剰な演出、それらを成り立たせるメンバーのフレンドリーさ。閉じて先鋭化するよりは、むしろウェルカムな方向に開放することで、ファンを増殖させてきた結果の一端がこの日のライブではよく表現されていた。水分補給を真夏の部活よろしく「大きなやかん」でやってしまう細部に到るまで、ももクロらしさが行き渡っている。

 加えて、「髪の毛をばっさり切ってがんばります!」と、ショートヘアに変身した玉井詩織がひとつのアクセントになっていた。

mmcl_ym07.jpg

 ファーストアルバム『バトル アンド ロマンス』が1位にならなかったら髪を切る、1位になってもご褒美で髪を切る、との公約どおり!? 髪の毛を短くした玉井詩織の可憐さは確実にオーディエンスの眼を惹いていた。

 ライブ中のサプライズ発表は大きく分けて2件。

 一度めの衣裳替えのタイミングでは、女性限定の「ももクロ秋の2大企画~女祭り2011~」(10月30日/東京・SHIBUYA O-EAST)、男性限定の「ももクロ秋の2大企画~男祭り2011~」(11月6日/東京・品川ステラボールで)、2週連続「秋の2大まつりイベント」の開催決定。

 もうひとつは今年もクリスマスコンサート、「ももクリ2011」開催決定の報せ。12月25日にももクロ史上最大規模となる、さいたまスーパーアリーナでの単独コンサートを行うというのだ! 昨年の日本青年館と比較するとその差に目が眩む。実際のところファンはすごい勢いで増えており、しかも女性の比率が半々に感じられるほど高まっているという現状を踏まえれば、各性別限定ライブ、特大ホールでの単独ライブも、開催を考えるだけの根拠はあるが、それにしても驚きである。

 告知Vのなかでも「まだ早いんじゃないか」と危惧する声があったが、年末にさいたまで会うまでにグループがどのくらい成長できるかが、今年後半戦のテーマとなるだろう。

mmcl_ym08.jpg

mmcl_ym09.jpg

 全力パフォーマンスという基本は変えずに表現の幅を広げた結果、特に全力という部分が目立たなくなってきたのも最近の特徴かもしれない。オーディエンスが感心、感動よりも速く楽しさを受け取っているということなのか、ともかくグループが経験を重ねて熟成してきていることはまちがいない。

 最後のMCでは口々に、日が落ちてからのサイリウムが美しく輝いていたこと、一年後もそうした時間を過ごしたいことに言及したももクロメンバー。

 アンコールが終わったあとのアンコールに「アンコールはすごく嬉しいし、私たちも出たんですけど、きょうは時間の都合で出ることができません。さいたまスーパーアリーナで会いましょう。きょうはほんとうにありがとうございました」と、リーダーの百田夏菜子が予定になかったであろう返事をするほどに事態は加熱しているが、はたしてももクロZ現象はどこまで拡大するのか。

 ここから先は未知の領域。彼女らがどう踏破していくかを観てみたい。
(取材・文・写真=後藤勝)

<セットリスト>
M.0 ももいろクローバーZ 対 ものクロ帝国 最後の戦い
M.1 Z伝説 ~終わりなき革命~
M.2 CONTRADICTION
M.3 D’の純情
M.4 ピンキージョーンズ
《MC》
M.5 天手力男
M.6 ミライボウル
《VTR》※秋の2大まつりイベント告知
M.7 ワニとシャンプー
M.8 キミとセカイ
M.9 気分はSuperGirl!
《MC》
M.10 ももクロのニッポン万歳!
M.11 Believe
M.12 キミノアト
M.13 全力少女
《VTR》※さいたまスーパーアリーナ告知
M.14 Chai Maxx
M.15 行くぜっ!怪盗少女
M.16 ココ☆ナツ
《MC》
M.17 スターダストセレナーデ
M.18 オレンジノート
【ENCORE】
《MC》
M.19 走れ!
M.20 コノウタ
M.21 ツヨクツヨク

4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 ~眩しさの中に君がいた~ LIVE DVD

あの日の涙を、何度でも流そう。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 19:20
こんな記事も読まれています

スケールアップしたももいろクローバーZが東京・よみうりランドで野外ライブ!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真