日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『クイズ!ヘキサゴンII』打ち切りで宙に浮く”おバカ”ファミリーに未来はあるのか

『クイズ!ヘキサゴンII』打ち切りで宙に浮く”おバカ”ファミリーに未来はあるのか

hekisagonuchikiri.jpg『クイズ!ヘキサゴンII
2010合宿スペシャル』
(ポニーキャニオン)

 島田紳助さんが司会を務めていた『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)が、9月いっぱいで打ち切りになることが明らかになった。同番組は、先月23日の紳助さんの突然の引退発表を受けて、2週分の放送を休止。その後はレギュラー出演者のFUJIWARA・藤本敏史や上地雄輔らを代役に立てて続行の道を探っていたが、「やはり紳助さん抜きでは限界」(番組関係者)との判断が下ったようだ。

「紳助さんの引退発表は、番組にとっても寝耳に水でした。現場はもちろん、編成レベルでも本当に当日まで誰も知らなかったんです。もともと企画やキャスティングを含め番組そのものが紳助さんの”天のひと声”で右往左往させられる特殊な構造のプログラムでしたから、打ち切りはやむなしといったところでしょうね」(同関係者)

 同番組は2002年に深夜帯でスタート。当初はゲーム性の強いクイズ企画を前面に打ち出した挑戦的な番組だったが、翌年紳助さんを司会に迎えてゴールデンに進出すると、一転して紳助さんと出演者とのボケ・ツッコミを売りにして”おバカ”ブームを演出。数々の”おバカ”タレントを生み出し、ヒット番組となっていた。

「今回の打ち切りで、”おバカ”の面々は完全に宙に浮くことになりますね。もともと”おバカ”というキャラクターは紳助さんの絶妙なツッコミありきで成立してきた設定なんです。どんなに突飛な発言をしても、紳助さんがそれを笑いに転化してきたし、紳助さん自身も彼らに『どんどん自由に発言しろ』と”おバカ”発言を助長してきたところがある。紳助さんのツッコミがなければ、そうした彼らの発言は、視聴者に”おバカ”ではなく”単なるバカ”ととらえられかねないですからね。今後は相当厳しいと言わざるを得ないですよ」(芸能記者)

 ”おバカ”タレントの筆頭格である上地雄輔は紳助さんの引退を知り、紳助さんの自宅を訪ねて「とーちゃん(紳助さんのこと)は俺が一生守る!」と号泣したというが、今後芸能界で生き残るためには、”脱・紳助”への努力が必要かもしれない。

クイズ!ヘキサゴンII 2010合宿スペシャル

残念だね。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 19:09

『クイズ!ヘキサゴンII』打ち切りで宙に浮く”おバカ”ファミリーに未来はあるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真