日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「もう男はいい」福田沙紀×「主演しかやりたくない」相武紗季 仁義なきエース争い

「もう男はいい」福田沙紀×「主演しかやりたくない」相武紗季 仁義なきエース争い

wswaki.jpg(左)『VOICE』(EMIミュージックジャパン)
(右)『相武紗季2012年カレンダー』
(トライエックス)

 10月27日よりスタートする市原隼人主演のドラマ『ランナウェイ~愛する君のために』(TBS系)に出演する福田沙紀。今年に入り、毎クールドラマに出演しているのだが、ほとんどが深夜枠で、このドラマが久しぶりのゴールデンとなる。

「深夜のころは、とにかく数字が取れなくて、本人も自暴自棄になってました。先月まで放送されていたテレビ東京系の『IS(アイエス)~男でも女でもない性~』は、番組の枠そのものを終わらせるくらいの低視聴率に終わりました」(テレビ局関係者)

 ほんの数年前までは、同じ事務所の先輩・上戸彩の次は福田沙紀とまで言われていたのだが、今やその座には、武井咲や剛力彩芽が座っている。

「本人もさすがに焦ったのか、今までは『彼氏が欲しい』が口癖だったのが、『もう男はいい』に変ってきました。『上戸の次は武井に剛力って言われないようにしないと』と意気込んでました。芝居にも納得がいくまで監督と話し合いをするなど、女優として成長してきた感じはしますね」(芸能事務所関係者)

 一時期はトップ女優の仲間入りをする寸前までいった素材だけに、今後の復活に期待したいところだ。一方、福田と同じように将来を嘱望されながら伸び悩みを見せているのが相武紗季。

「今クールは視聴率が好調な『家政婦のミタ』(日本テレビ系)に出演してますが、いかんせん本人にやる気がない。基本的に『主演しかやりたくない』という性格で、自分に演技力があると思い込んでいるので、いろんな監督が演技指導しても言うことを聞かないんです。あれじゃ干される可能性もありますよ」(前同・芸能事務所関係者)

 生き残るのはハングリーさを取り戻した福田沙紀か、我が道を行く相武紗季か――。

VOICE

武井&剛力は手ごわいよ。

amazon_associate_logo.jpg

相武紗季2012年カレンダー

女優がダメでも長瀬がいるからね。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 19:04

「もう男はいい」福田沙紀×「主演しかやりたくない」相武紗季 仁義なきエース争いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真