日刊サイゾー トップ > 芸能  > 巨額訴訟も島田紳助の追及やめず! 「週刊現代」がイケイケな理由とは?

巨額訴訟も島田紳助の追及やめず! 「週刊現代」がイケイケな理由とは?

yoshimoto_release_s.jpgHPにアップされている吉本興業のリリース
(クリックすると拡大します)。

 8月23日に島田紳助さんが自ら暴力団関係者との”黒い交際”を明かして芸能界を引退したが、以後、スポーツ紙・ワイドショー・夕刊紙・週刊誌は紳助さんネタ一色となった。

「スポーツ紙とワイドショーはあまり踏み込んだことができないので早々に撤退したが、夕刊紙と週刊誌は続々と新事実を報じた。紳助さんが沖縄・恩納村のマンションに潜伏する姿も撮影されました。その後、紳助さんは同マンションから引っ越して行方をくらましたため、さすがに”ネタ切れ”かと思われたが、『週刊現代』(講談社)はいまだに追及の手を緩めず、紳助さんが司会を務めていた『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)に引っ掛けて『なんでも暴力団』など過激な見出しで毎週大々的に特集を組んでいる」(スポーツ紙芸能デスク)

 同誌は紳助さんの”黒い交際”のみならず、所属する吉本興業と闇社会の関係にまで踏み込むイケイケぶりだが、ついに吉本および紳助さんから提訴されてしまった。

 吉本は今月24日、同誌が報じた「切っても切れない『島田紳助と暴力団』」などの記事で名誉を毀損されたとして、紳助さんと共同で、同誌を発行する講談社と同誌編集長に計1億6,500万円の損害賠償と謝罪広告の掲載などを求め東京地裁に提訴したと発表し、公式HPにもリリースを掲載。吉本は、今月24日発売の同誌記事を含めた名誉毀損行為に対し、順次、紳助さんと協力の上で追加の訴訟提起も検討しているという。

 それに対し、「現代」側はスポーツ紙などに「記事の内容については自信を持っている。今後も暴力団と島田紳助さんの関係については取材を続け、特集を組む予定だ」と反論。どうやら、法廷闘争に持ち込まれそうだが、同誌はなぜこんなにイケイケなのだろうか?

「とにかく売れている。同誌は昨年の下半期の調査で発行部数が総合週刊誌の中で『週刊新潮』(新潮社)を抜き、『週刊文春』(文藝春秋)に次いで2位に浮上。東日本大震災や紳助さん問題で好調を維持し、今や『文春』を脅かす勢い。その勢いを落とせないので、このまま突っ走るしかない」(出版関係者)

 同誌は加藤晴之氏が編集長を務めた06年2月から08年1月までは過激なスキャンダルのオンパレード。特に、大相撲の八百長疑惑は徹底的に糾弾したものの巨額訴訟を連発され、「かなり部数を落とし、社内的にも問題になり加藤氏は更迭された。引き継いだ乾智之編集長はやや穏健な誌面作りを目指したが、部数減に歯止めがかからなかった」(同関係者)というが、かつて編集長を務めた鈴木章一氏が09年6月に返り咲くと誌面を一新し、「政治・経済・芸能・事件の報道・疑惑追及を減らし読み物を増やしたところ、見事に部数回復に成功。そして、震災と紳助さん問題が”追い風”となった」(講談社関係者)というが、鈴木編集長の就任を機に妙に張り切ってしまったのがフリーの記者たちだったというのだ。

「先々代の加藤氏が編集長の時は優秀な記者をどんどんヘッドハンティングしてイケイケの誌面作りを展開。ところが、乾体制からフリーの記者たちの仕事が激減し、かなりフラストレーションが溜まっていた。そこに、本領を発揮できる紳助さん問題が勃発。溜まっていた物を吐き出すかのように奮闘したが、今回の提訴の前に、一度、吉本が同誌の記者の行き過ぎた取材に対し”警告”を発していた。それでも同誌は徹底的に吉本&紳助さんと戦うつもりなので、フリーの記者たちもやり甲斐を感じているようだ」(週刊誌記者)

 同誌に絡んだ別件では、「週刊文春」の10月27日号でミステリー作家の黒川博行氏がジャーナリストの岩瀬達哉氏および「現代」の編集者から数回取材を受けたところ、昨年12月から今月までの同誌の連載で、まるで黒川氏が未解決事件である「グリコ森永事件」で犯人が名乗った「かい人21面相」と同一人物のように書かれてしまったとして”告発”。黒川氏は「講談社から責任のある回答を得るまで、こちらから身を引くつもりは一切ありません」と怒り心頭。

 イケイケなのは結構だが、かつてのように巨額訴訟連発で部数減の”悪夢”を繰り返してほしくないものだ。

週刊誌編集長―週刊現代・フライデー・Web現代編集長が明かす、スキャンダル、事件報道現場の3300日

イケイケ・ドンドン♪

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 19:08
こんな記事も読まれています

巨額訴訟も島田紳助の追及やめず! 「週刊現代」がイケイケな理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...…
写真