日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 真空ジェシカ、尖り芸人じゃない?

”トガり芸人”真空ジェシカ ラフターナイト優勝で「胸張ってスベるようになった」!?

文=鈴木工(すずき・たくみ)

撮影=八木虎造

 ニューヨーク、空気階段、やさしいズ……。TBSラジオのネタ番組『マイナビラフターナイト』は、お笑いファンの“民意”を敏感に反映した年間チャンピオンをこれまで輩出してきた。そして2019年、いかつい人気のかが屋や宮下草薙らを打ち破り、王者の座に就いたのが真空ジェシカだ。「トガっている」とウワサの絶えないコンビに、おそるおそる記念インタビューを敢行した。

***
――『マイナビラフターナイト』チャンピオン大会、優勝おめでとうございます。

2人 ありがとうございます。

――反響はどうですか?

ガク 周りは賞金の100万円の話しかしませんね。「100万円を手に入れた人」扱いになっています。

川北 芸人からは結構「やったな」と言ってもらえるんですけど、一般の人には自分たちから言わないと伝わらないです。人力舎の事務所内でもしばらく話題になっていたのですが、アンタッチャブルさんが突然復活したんで……。

ガク 話題は全部そっちになりましたね。

――ラジオでオンエアされた大会の様子を聴くと、爆発的にウケてましたね。

川北 爆発的にウケました(笑)。でも、どうせ票入らないだろうと思ってたので。僕ら、ズルいことしがちなんで。

ガク チャンピオン大会も、自分らの出番前のママタルトをもじったツカミをしたんです。そういうのって、お客さんからすると「ズルしてる!」と評価を下げるだろうなと。大体、客票がよかったのなんて初めてです。ライブでウケても投票されない。

川北 そもそもウケないことのほうが多いので。

――チャンピオン大会は、完全客票なんですよね?

ガク みたいです。

川北 票を操作してたら、俺らを選ぶわけがない(笑)。

――実力で、かが屋や宮下草薙に勝ったと。

川北 納言にも勝ったし、予選には四千頭身もいたし。

ガク そういうところだけアピールしていきます。どんな大会だったかは言わないけれど。

――同じタイミングで『M-1』準々決勝に進出していましたね。均等に力は入れてました?

川北 『マイナビラフターナイト』に標準を合わせたつもりはないです(笑)。『M-1』の準々決勝は、今年一番だと思っていたネタをかけたんですよ。それがスベったので、僕たちが間違えてました。ツカミが一番ウケて、そこから尻すぼみだったので、すごい低い点数をつけやすかった。

ガク 徐々に盛り下がる……。一番印象悪いやつです。

川北 『ラフターナイト』の打ち上げでアルコ&ピースの酒井さんに「おまえらこっち側だから、『M-1』あきらめろ」と言われたので、もうあきらめます。「こっち側」というのは、賞レースで評価される芸風じゃない、ということだと思うんですけど。

ガク そっちに腹をくくるべきなのかもしれないですねえ。そこまで『M-1』にこだわっているわけではないので、より向いているほうに行きたいです。

12345

”トガり芸人”真空ジェシカ ラフターナイト優勝で「胸張ってスベるようになった」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真