日刊サイゾー トップ > 芸能  > 三谷幸喜ファミリー分裂の危機!? 鈴木京香が激怒した意外な理由とは

三谷幸喜ファミリー分裂の危機!? 鈴木京香が激怒した意外な理由とは

kantokudamono.jpg『監督だもの 三谷幸喜の映画監督日記』
(マガジンハウス)

 生誕50周年を記念して「三谷幸喜大感謝祭」と銘打ち、舞台に映画、ドラマと数々に新作を書き下ろしている三谷幸喜。

 先日も、「三谷幸喜生誕50周年大感謝映画祭」を開催し、深津絵里、西田敏行、役所広司、綾瀬はるか、佐藤浩市ら豪華俳優陣が駆け付けたのだが、その場には三谷作品には欠かせない、ある女優の姿がなかったという。

「それは鈴木京香さんですね。鈴木さんといえば、三谷さんの初監督作品となった『ラヂオの時間』に出演して以来、これまでも何度も三谷作品に出ている、欠かせない女優のひとりです。その鈴木さんと三谷さんが今、大ゲンカ中なんです」(芸能事務所関係者)

 ことの発端は、三谷が自身初となるテレビドラマ監督作『short cut』(WOWOW)の撮影のときだという。

 このドラマは、山道に迷い込んだ夫婦の口ゲンカを中心に構成された物語だが、長編ドラマにもかかわらず、ドラマの最初から終わりまで、一度もカメラを止めずに撮影する「完全ワンカット・ワンシーン」の撮影技法がとられていることで話題となっている。

「当然、NGが出たら最初からやり直しです。でも、鈴木さんも共演の中井貴一さんもベテランですから、そうそうNGなんか出しません。問題は、三谷さんが何度もNGの対象になってしまったこと。山道で撮影してるので、カメラに三谷さんが見切れて映りこんでしまったんです。しかも、一度ではなくて何度も。1時間半くらい順調に撮影してて、監督が映ってやり直しになったこともあったそうです。それで京香さんも、『いい加減にして!』とかなりご立腹の様子だったそうです。夫婦の口ゲンカでイライラするはずが、監督に対してずっとイライラしてましたね」(映画関係者)

 これも三谷幸喜一流の演出だったりして!?

監督だもの 三谷幸喜の映画監督日記

だもの。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 18:44
こんな記事も読まれています

三谷幸喜ファミリー分裂の危機!? 鈴木京香が激怒した意外な理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真