日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 握手からハグにキスまで!? エスカレートするアイドルイベントの中身

握手からハグにキスまで!? エスカレートするアイドルイベントの中身

uekaramariko.jpg「上からマリコ」(キングレコード)

 CDを複数枚購入させるきっかけとなる握手会というシステムは、AKB48の成功によって急激に広まり、いまやアイドル界になくてはならないものになった。しかし、当のアイドル本人からすれば、長時間ファンと触れ合い続けるイベントは肉体的にも精神的にも負担が大きく、内心嫌がっているアイドルも多いという。

 11月20日にはSKE48のエース・松井玲奈が握手会の最中に体調を崩し、それ以降の握手会を欠席した。過密なスケジュールの中、人気メンバーの前にはファンの行列ができ、一人ひとりに対応していくという仕事は相当にハード。実際、AKB48の河西智美などは握手会嫌いといわれ、主要な握手会イベントをことごとく欠席している。

「特に規模の大きいAKB48関連の握手会では、各メンバーのレーンによって長い列ができたり、ガラガラだったりと、人気の差が如実に出てしまいます。不人気メンバーにとってはさらし者にされる罰ゲームのようなシステム。多くのファンと触れ合う人気メンバーも不人気メンバーもどちらも大変なんです」(芸能関係者)

 12月4日、10人組のアイドルグループぱすぽ☆のメンバー・佐久間夏帆のグループ卒業が発表されたが、これも握手会をはじめとするイベントが肌に合わなかったことが背景にあるとの話がある。

「佐久間夏帆が所属するぱすぽ☆は、握手のみならず生キスをプレゼントする『あくチュ会』というイベントを行っています。これは、握手した場でメンバーが専用カードにキスをして渡してくれるというもの。過密スケジュールの中、過剰ともいえるファンサービスを要求されることが、卒業の理由の一つとファンの間でささやかれています」(同関係者)

 ほかにも、近年はいくつかのアイドルグループが「ハグ会」という文字通りファンと抱きあうイベントを開催するなど、その中身はエスカレートする一方。ファンと親睦を深めるはずのイベントが、アイドル自身を疲弊させる結果にならなければいいのだが……。
(文=佐々木智花)

上からマリコ

それにしても、でけぇ。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 12:19

握手からハグにキスまで!? エスカレートするアイドルイベントの中身のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真