日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「あのメダリストも……」内柴容疑者だけじゃない!? 日本柔道界の”悪しき慣習”とは

「あのメダリストも……」内柴容疑者だけじゃない!? 日本柔道界の”悪しき慣習”とは

uchisiba1212.jpg妻の「患者が来ない整骨院」は
その後、どうなったのでしょうか。

 柔道五輪金メダリストの内柴正人容疑者が、未成年の教え子に酒を飲ませて暴行したとして準強姦容疑で逮捕され、大きな波紋を広げている。8日には早くも熊本県が2度に渡って授与していた県民栄誉章の取り消しを表明。同日、内柴容疑者は容疑否認のまま送検されている。

 この逮捕劇は柔道界にも衝撃をもって受け止められており、全柔連理事の山下泰弘氏やJOC理事・山口香氏ら柔道界の重鎮たちも相次いでコメントを発表している。

 だが、柔道界に詳しい人物は”内柴事件”は「業界の悪しき慣習が招いた部分もある」と語る。かねてから柔道界では講師と生徒が”一線”を超えることが恒常化していたというのだ。

「講師の男性と愛人や不倫関係に陥る女子選手は多かった。五輪で金メダルを取ったあの女子柔道家が、同年代の男子柔道家と”ただならぬ関係”だったことは有名な話。道場内でおっ始めたこともあったらしいですよ(笑)」(同)

 師弟関係ならなおのことだ。五輪にも同行した某スポーツ紙の記者は「得意技が同じあの2人……すでに引退したある女子金メダリストと、その師匠の男子選手も不適切な関係だったそうです。男性のホテルの部屋から教え子の女性が何食わぬ顔で出てきましたから。ところが、驚いたのは僕だけで周囲は見て見ぬフリ。気にも留めていませんでした」と耳打ちする。

 ”内柴事件”を受け、同じく五輪金メダリストで女子学生を指導する古賀稔彦氏は「大学の指導者は『先生』という意識をもしっかり持たないといけない」と話していたが、1人の男の”蛮行”で片付けずに、柔道界全体でこの問題を考えるべきだろう。

Yawara! (1) (小学館文庫)

こんなに爽やかじゃないんだね。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 12:13

「あのメダリストも……」内柴容疑者だけじゃない!? 日本柔道界の”悪しき慣習”とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真