日刊サイゾー トップ > 芸能  > 4代目『水戸黄門』石坂浩二 短命降板の裏にあった東映撮影所と暴力団との黒い癒着
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.134

4代目『水戸黄門』石坂浩二 短命降板の裏にあった東映撮影所と暴力団との黒い癒着

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 TBSで40年以上にわたり放送され、国民的時代劇ドラマといわれた『水戸黄門』シリーズ。12月19日の放送でその幕を閉じたが、同番組にかかわる、ちょっとした裏話を聞いて驚いた。かつて黄門さま役を務めた石坂浩二だが、彼と親しい役者によると、”石坂黄門”が短命に終わったのは、東映京都撮影所を裏で支えてきた暴力団との関係を石坂が拒絶したために降板させられたというのだ。

 『水戸黄門』は1969年に、水戸黄門役を東野英治郎が演じてスタート。2代目は、それまで悪役専門だった西村晃が演じた。3代目は佐野浅夫。4代目の石坂から5代目の里見浩太郎にバトンタッチされて最終回を迎えたが、5人のうち石坂だけが、登板期間が2年余りと短命だったのが気になっていた。

 石坂は2001年の29部から登場。石坂本人の希望もあり、トレードマークであった長いヒゲを排し、衣装もマイナーチェンジ。”石坂黄門”色を前面に押し出したことで、旧来の視聴者の間に物議を醸したことは記憶に新しい。しかし、シリーズ30部からは局側の強い意向で、ヒゲをつけて登場。石坂と制作サイドの対立をうかがわせた。

 その後、石坂は直腸がんのために検査入院。入院中にテレビ局のインタビューに、「『水戸黄門』を続けるのはちょっと無理かな」との発言をして、里見浩太郎にバトンタッチされた。TBSは、表向きはがんを降板理由にしたのだ。

 ところが、直腸がんを摘出手術して退院後、石坂はマスコミのインタビューに完全回復をアピールしながら「面倒臭い仕事がなくなって爽快。撮影場所の京都が暑いと、ざまぁ見ろと思う」などと発言して周囲をドキッとさせた。石坂と親しい俳優は筆者に「まさか暴力団との関係が面倒臭いといえないでしょ」と語る。

 太秦にある東映京都撮影所は、暴力団のM組が裏で仕切っているという話は映画関係者の間では周知の事実だった。撮影所のスタッフも、M組に世話になっていたことから、主演を張る役者はM組に挨拶に行って、関係を保っていかないとスムーズに撮影が進まない。歴代の東映のスターはすべて、M組との関係を良好に築いてきたという。

 しかし、石坂は暴力団が嫌いなこともあって、あいさつに行かず、関係を拒否したという。石坂が「面倒臭い仕事」と言ったのは暴力団との交際だったのだ。

 これを拒否した石坂はTBSに降板させられたが、勇気ある決断だと思う。11月22日に京都撮影所は「暴力団排除」宣言をしたが、遅きに失した感がある。もし、10年前に暴排宣言していたら、斬新な”石坂黄門”は短命に終わらず、シリーズ自体もまだ続いていたかもしれない。そう思うと、なんとも悔やまれる降板劇といえよう。
(文=本多圭)

水戸黄門名作選 その1

まあ、終わった話ですけど。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 11:01
こんな記事も読まれています

4代目『水戸黄門』石坂浩二 短命降板の裏にあった東映撮影所と暴力団との黒い癒着のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

WWEレスラーの自伝映画

 プロレス好きなら見逃せない、最高にご機嫌...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真