日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 高島彩「一晩だけ夫を……?」 さんま・有田の暴走で爆弾発言はお蔵入り

高島彩「一晩だけ夫を……?」 さんま・有田の暴走で爆弾発言はお蔵入り

ayatakashima.jpg『聞く 笑う、ツナグ。』(小学館)

 2月4日にオンエアされた、『さんまくりぃむの第11回芸能界個人情報グランプリ』(フジテレビ系)。今回で11回目の放送となったのだが、一部の業界人の間では、毎回お蔵入りする場面が多いことでも有名な番組である。

「司会がさんまさんということもあるし、有田さんがそれに乗っかっていろいろしゃべるもんだから、カットが多くて多くて……。出演者も多いので、発言をカットするときは前後の脈絡とかも気にしながら編集しないといけないので大変ですよ」(番組スタッフ)

 案の定、今回もさんまと有田の”暴走”があったという。

「『秘密の告白部門』で沢田亜矢子さんが『今、悶々としている』と告白したんです(笑)。離婚をして、娘も巣立って、一人になって、女性としてこれでいいのかって話をした沢田さんに、さんまさんが『好みの男性は?』と聞いたんです。そうしたら、よりによって、高島彩アナを見ながら『ゆずの北川さん』って答えたんです」(前同)

 ここまでは番組でもオンエアされ、さんまと有田が高島アナに「一晩だけ!」と頭を下げて次のシーンに移ったのだが……。

「実際は、かなり長めに話をしてましたね。さんまさんが『一晩だけ貸してやってくれ! その代わり、俺が一晩行くから!』って、周囲の笑いを誘ってたのですが、高島さんの目がマジで怖かったです。昨年10月に結婚したばかりの新婚ですからね。高島さんも『一晩だけですかぁ?』と、さんまさんのボケに乗っかってはいましたけど、本心は穏やかじゃないでしょうね。高島さん本人がこの場面はカットするように要請したって話ですよ」(テレビ局関係者)

 いっそのこと、ノーカット版を放送しちゃえば?

聞く 笑う、ツナグ。

けっこう嫉妬深いのね。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 18:54
こんな記事も読まれています
関連キーワード

高島彩「一晩だけ夫を……?」 さんま・有田の暴走で爆弾発言はお蔵入りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真