日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「物忘れと逆ギレがひどすぎた」めざまし大塚範一キャスター“卒業”の真相

「物忘れと逆ギレがひどすぎた」めざまし大塚範一キャスター“卒業”の真相

mezamashi2.jpgフジテレビ『めざましテレビ』
公式サイトより

 急性リンパ性白血病の治療のため昨年11月から長期休養中で、2月末をもって長年担当していた朝の情報番組『めざましテレビ』を卒業したフジテレビの“朝の顔”こと、大塚範一キャスター。番組は4月からリニューアルし、後任を同局の三宅正治アナウンサーが務めることになる。

 長年、お茶の間に慣れ親しんだベテランキャスターの降板を惜しむ視聴者の声は多いが、実は現場での評価はいまひとつだったという。

 共演者や現場関係者が特に悩まされていたのは、大塚キャスターの「忘れっぽいところ」だと証言するのは、ある現場関係者。同番組の放送作家などとも近しい彼は、“舞台裏”の大塚さんについてこう語る。

「とにかく彼は段取りを覚えてくれず、裏方も出演者も困っていました。会議や朝の打合せで何度伝えてもダメで、構成会議で自分が提案した内容も忘れてしまう。ある時など、大塚さんの提案通りに若手が動いてみたところ、その様子を見た大塚さんが『独断専行した』と思い込み、カメラが回っていないところでその若手を怒鳴りつけたそうです。こういったことは日常茶飯事でしたよ」

 大塚キャスターの物忘れの激しさは近年顕著になり、それに加え、スタッフに対して傲慢な態度を取ることも多かったため、現場での株は年々下がっていた。今回、休養発表の後に卒業が決定するまでかなり時間があったのも、大塚キャスターの性格を考慮した上でのことだったという。

「すぐ降ろしたら、怒る人だったので……」(同関係者)

 それでも、あの茶目っ気のあるキャラクターとベテランの仕事ぶりを惜しむ声はやはり番組関係者の中でも多かったようで、「いろいろモメたりもしたけれど、やっぱり大塚さんに帰ってきてほしかった」という意見も各所で聞かれたという。

 さまざまな思惑を抱えつつも4月からリニューアルを迎える『めざましテレビ』。果たして、どんな番組に生まれ変わるのだろうか。

めざましテレビ~10th Anniversary~ きょうのわんこ

おつかれさまでした!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/24 17:37
こんな記事も読まれています

「物忘れと逆ギレがひどすぎた」めざまし大塚範一キャスター“卒業”の真相のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真