日刊サイゾー トップ > 芸能  > ドリカム吉田美和はアゲマンか?

ドリカム・吉田美和結婚! ベテラン女性シンガーが年下男をゲットする深い理由

8b2b31e29fa024123f127110.L.jpg『GREATEST HITS“THE SOUL”』
(エピックレコードジャパン)

 DREAMS COME TRUE(以下、ドリカム)の吉田美和(46)が21日、公式ブログで結婚を発表した。お相手は、ドリカムのサポートバンドとしても活動していたFUZZY CONTROLの鎌田樹音(27)で、“ビッグアーティストの結婚”というだけでなく、19歳という年齢差も大きな話題になっている。ふたりはツアーや楽曲制作の中で愛を深めていったという。

 この発表を受け、ネット上では祝福の声があがる一方、「金持ちのオヤジと一緒、金と地位があれば若い男をつかまえられるんだな」「若者バンドを引っ掻き回すのはやめてほしい」と、嫉妬混じりのネガティブなコメントも目立った。
 年下の男性ミュージシャンをものにした女性シンガーは、吉田美和だけではない。昨年12月には、倖田來未(29)が人気ロックバンドBACK-ONのギター&ボーカル・KENJI03(27)と結婚。aiko(36)は現在、バンドSAKEROCKのギタリスト星野源(31)と交際中だと報じられている。

 ベテラン女性シンガーが、年下の男性ミュージシャンをゲットする理由を、ある音楽事務所関係者は次のように分析する。

「人気ミュージシャンはバックバンドやスタッフに対して、絶対的なパワーを持っています。特に女性アーティストにおいては、ツアーや制作というプロジェクトの中で、女性上位の世界が出来上がることが多い。吉田美和クラスになると、その中で若い男性ミュージシャンを公私ともに“よりどりみどり、選び放題”というところでしょう」

 固定ファンを抱えるベテラン女性シンガーたちは、音楽業界にとってドル箱的存在。若手バンドのメンバーとの関係においても、主導権を握ることができる立場だ。

「若手の男性ミュージシャンは、結婚により女性ファンを失い、人気を落としてしまうことも考えられます。しかし、女性が年齢を重ねる中で、早く結婚したいと考えるのは、人気アーティストでも同じこと。自分の力でのし上がりたいと考える若手バンドにとって、女性シンガーとの交際はリスキーな面もあります」(前出の関係者)


12
こんな記事も読まれています

ドリカム・吉田美和結婚! ベテラン女性シンガーが年下男をゲットする深い理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真