日刊サイゾー トップ > 芸能  > 低迷するK-POPが最終手段?

「ブームが終わる前に!」K-POP“KARAの弟分”A-JAXが日韓同時デビューする裏事情

kara0601.jpg『スーパーガール JAPAN TOUR Special Edition』
(ユニバーサル シグマ)

 母国・韓国での不人気とは裏腹に、K-POPガールズグループ・KARAの日本単独ツアーは13万2,000人もの観客を動員。そして、27日にさいたまスーパーアリーナで行われたツアーファイナルでオープニングアクトとしてステージに立ったのが、日本デビューを控えている韓国出身の7人組の男性グループA-JAXだった。次から次へと日本進出するK-POPグループには、もはや食傷気味の感すらあるのだが……。

「KARAの所属事務所・DSPメディアが7年ぶりに手がける平均年齢19.6歳の男性グループで、いってみれば彼女たちの弟分的な存在。この夏に、日本でデビュー曲『ワン・フォー・ユー-1.4.U-』を発売する予定です」(K-POPに詳しい芸能ライター)

 このA-JAX、これまで日本へ進出してきたK-POPアイドルとは、ひとつだけ異なる点がある。それは「日韓同時デビュー」であること。KARAが韓国でヒットした「ミスター」を引っさげて日本デビューしたように、従来は母国での既発表曲を日本語で歌い直してデビューするケースが多かった。だが、A-JAXは最初から韓国語と日本語の両方で歌い分ける同時進行型。プロモーションの都合などでデビュー曲の発売日は日韓両国で同じ、というわけにはいかないそうだが、韓国では5月末、日本では8月発売の予定だという。

「こうなってくると、もはやK-POPなのかJ-POPなのかわかりませんよね(笑)。最近は韓国と日本のデビューの“時間差”がどんどん縮まっているK-POPですが、A-JAXの場合は日韓同時デビューですからね。韓国での実績がなくても日本で売れるという自信の表れなのか、それとも日本でのK-POPブームが終わる前にデビューしてしまおうという腹なのか、どう見るかは微妙なところです。しかし、K-POPが日本市場で縮小の兆しを見せているといった昨今の報道からすると、どうやら後者であると考えたほうが妥当でしょうね」(同)

 さしずめ、ブームが終わる前の「駆け込みデビュー」といったところだろうか。いずれにせよ、日本市場がK-POPにナメられているのだけは間違いなさそうだ。

最終更新:2012/06/02 08:00
関連キーワード

「ブームが終わる前に!」K-POP“KARAの弟分”A-JAXが日韓同時デビューする裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

母国・韓国での不人気とは裏腹に、K-POPガールズグループ・KARAの日本単独ツアーは1...
写真