K-POPの記事一覧 (248件)

『中居正広のダンスな会』ダンス特番なのにBTSもLDHも取り上げず! 不自然なキンプリ猛プッシュに唖然

 ジャニーズを辞めたはずの中居正広の番組で、ここまでジャニーズ忖度が蔓延るとは……。  中居が司会を務める特番『中居正広のダンスな会』(テレビ朝日)が6日に放送された。プロが...

K-POPがSpotifyで聴けなくなる!? MAMAMOO、SEVENTEENらの楽曲「大量削除」の背景にあるプラットフォーム戦争

 3月1日、世界中のK-POPファンが目を疑った。世界最大の音楽配信サービス「Spotify」から、MAMAMOO、SEVENTEEN、LOONA、IU、HYOLYN、Epi...

韓国“イジメ告発”相次ぎK-POP界が大炎上! 日本にも飛び火の可能性 女優Mにイジメ疑惑が?

 新型コロナによる混乱も収まらない中、お隣韓国では“イジメ告発”が社会問題化している。  ことの発端は韓国バレー界でアイドル級の人気を誇るイ・ダヨン、ジェヨン姉妹が突然10年...

NiziUの海外戦略はどうなる?「韓国をスルーしてアジア、アメリカを攻めるべき」との声

 ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントの合同オーディションで誕生したNiziU。すでに日本国内では大ブレイクしているが、韓国ではまだデビューできない状況だ。 ...

Sexy Zoneの新曲をトラックメイカーが分析 課題はK-POPとの差別化とジャニーズの“翻訳化”

 Sexy Zoneの新曲が注目を集めている。2月17日に公開された「RIGHT NEXT TO YOU」のPVがすでに100万回再生を突破、YouTubeの急上昇チャートに...

安室奈美恵とBTS──アイドルたちの“通過儀礼”としてのタトゥーと韓国彫師たちの勃興

 昨年、米ビルボードチャート1位を獲得したことで世界中の注目を集めた韓国の7人組ボーイズグループ・BTS。快進撃を続ける彼らだが、現在ファンをざわつかせているのがメンバーの肌...

BTSジョングクのタトゥーにファンは賛否も…彫師の月収200万! 韓国タトゥー文化の変遷を紐解く

 昨年、米ビルボードチャート1位を獲得したことで世界中の注目を集めた韓国の7人組ボーイズグループ・BTS。彼らを熱烈に愛する巨大なファンダムが形成され、快進撃を続けているが、...

TWICE、グループ活動は「残り数年」? 日本人メンバーは帰国してソロ活動を活発化か

 人気K-POPガールズグループ・TWICEの日本人メンバーSANAがコブクロの楽曲「卒業」のMVに出演し、話題を呼んでいる。この曲は昨年の3月にリリースした31枚目のシングル...

中国市場を狙うアイドル事務所は必読! 世界進出を目指す芸能人たちが炎上しないための7つ鉄則

 こんにちは、はちこです。  前回の記事では、中国で開催中のグローバル男性アイドルグループオーディション「創造営2021」で起こった炎上事件について解説しました。このオーディ...

中国オーディション番組に日本人が参加も即炎上!「神社参拝」画像拡散で降板トラブルに

 こんにちは、はちこです。  前回の記事では2020年中国(特別な説明をしない限り、本稿での「中国」は中国大陸側を指す)のアイドル事情を紹介させていただきました。30歳以上の...

RAIN(ピ)とJYPの質実剛健なニュージャックスウィング! NCT127の新曲と比較して「90’sリバイバル」を考える

 みなさん1月27日(“127”ですよ!)に公開されたNCT127の新曲「First Love」はもう聴かれましたか? サウンド的には昨年発表された傑作アルバム『NEO ZO...
VODで観たい映画レビュー「劇場と配信のあいだ」

東方神起・ユンホが韓国の名優ファン・ジョンミンと挑んだ“19禁MV”のスゴみ【劇場と配信のあいだ番外編】

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどちらかに偏りつつあるが、その中間が存在していることを忘れてはならない。YouTubeやVODで観られる劇場未公開の傑作を加藤よしきが...

SnowMan、3枚連続ミリオン達成か!?「中国に太客がいる」陰謀論が飛び出すほどの売れっぷりに業界の声は

 20日にリリースされたSnowManの3rdシングル「Grandeur」が、すでに70万枚以上の売り上げを叩き出しており、100万枚セールスを射程圏内に捉えている。Snow...

韓国“ナマモノBL”に危機? K-POPアイドルを題材にした性的二次創作物の規制に16万人が賛同

 韓国で男性アイドルを素材とした性的な創作物「アルペス」(RPS=Real Person Slash)を規制すべきとの声が高まっている。アルペスの詳しい説明は他に譲りたいが、...

J.Y. ParkプロデュースのGOT7が全員退社! 囁かれる“K-POPアイドルの賞味期限7年”説 

 昨年デビューしたガールズグループ・NiziUと同じ事務所「JYPエンターテインメント」に所属する、7人組ボーイズグループ・GOT7のメンバーが、今月の専属契約満了とともに全...

東方神起、1年ぶりのテレビ出演も「チャンミンの結婚の話はNG」エイベックスとの不和も?

 1月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に東方神起がリモート出演し、話題になっている。東方神起が同番組に出演するのは約3年ぶり、日本のテレビに出演するのも約1年ぶりだっ...

NiziU快進撃の裏でJ.Y. Parkに大ブーイング! 事務所の功労者GOT7を切り捨てか?

 NiziUやTWICEの快進撃で注目を集める韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントと、その創業者で彼女たちのプロデューサーでもあるJ.Y. Park。特に日本ではNizi...

第四次韓流ムーブメント来たる──無双〈NiziU〉の快進撃! K-POPに心酔する10代

 かわいらしいルックスの女の子、鍛え抜かれた肉体ながら親しみやすい男の子。最先端のサウンドに合わせて、誰もが見事に踊れて、高い歌唱力まで合わせ持つ。10代の若者たちを刺激し、...

30歳オーバーのアイドルオーディションが大ヒット! BL二次創作戦争も勃発!? 激動&波乱の中国アイドル事情

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗いムードの世間を盛り上げようと奮闘していた。ここではさまざまな分野の識者に、今年特に熱かった...

NiziU、BTS、NCTの活躍と潮目が変わった“日本とK-POP”の関係性 音楽ライターが韓国エンタメの2020年を大総括

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗いムードの世間を盛り上げようと奮闘していた。ここではさまざまな分野の識者に、今年特に熱かった...

NiziU、2020年最大ブレイクも業界内では冷ややかな視線?「コロナ禍だから売れた」の声も

 2020年デビュー組の中で、もっともブレイクを果たしたアーティストと言えば、日韓合同オーディション「Nizi Project」から誕生したガールズグループ「NiziU」だろ...

JO1がひとり足りない!「ゼクシィ」前代未聞の掲載ミスで謝罪も、吉本のゴリ押しが原因か

 韓国のオーディション番組をそのまま日本に持ってきた『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者で結成された11人組ボーイズグループ・JO1。所属の吉本興業が猛プッシュして...

なにわ男子の公式ぬいぐるみに“ちんこ”がついている!?「面白すぎる」「普通に気持ち悪い」賛否の声

 関西ジャニーズJr.がリリースしたグッズが、ちょっとした物議を醸している。  ジャニーズJr.の若手グループの中でもっとも勢いのあるなにわ男子や、Aぇ! group、‎Li...

嵐に盗作疑惑が浮上! K-POPにMV酷似で「完全にパクリ」「日本一のアイドルが情けない」大炎上

 嵐が6月に公開した「Face Down : Reborn」(Official Lyric Video)が、K-POPグループのMVに酷似していると発覚し、騒動になっている。 ...

【緊急】Kis-My-Ft2「おっぱいドラマ」をめぐる議論 メディア文化論教授が語る“傷ついたファン”とジャニーズ事務所への提言

<目次> ①“フィクションだから問題ない”とは言えない理由 ②推しがバカにされないために──ファンが声をあげる意味 ③アイドルはグローバルな視点から批評される時代になっ...

NiziUデビュー曲CD売り上げ初日19万枚で“大ヒット”には至らず? K-POPマネタイズの難しさ

 大々的なオーディション番組で華々しく誕生したグローバルガールズグループNiziU。6月にプレデビューとしてリリースした「Make you happy」のMVは再生回数1億回...

M-1グランプリ準決勝でファンへの裏切り、炎上へ ファイナリストもガッカリ?

 今年はいわゆる「お笑い第7世代」にあたるミキやEXIT、四千頭身らが準々決勝で続々と敗退(参照記事)。唯一残った、昨年のファイナリストぺこぱも準決勝で敗退と大荒れ。早速、ネ...

NiziUヒットの裏で…想定外の出来事連発でひっそりと活動予定期間が訪れそうなIZ*ONE

 グローバル“9人組”ガールズグループ・NiziUが民放各局の音楽特番に出ずっぱりだ。  プレデビュー曲「Make you happy」のMVがYouTubeで再生回数1億7...

NiziUデビューMVがすでに800万回再生! 休養中のミイヒ登場に「痛々しい」「美談にするな」の声も

 日本のソニー・ミュージックと韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの共同プロジェクトで生まれたアイドルグループ・NiziUが絶好調だ。6月にプレデビューとしてリリー...

TWICE、紅白落選も話題にすらならず! 事務所も「NiziUシフト」に切り替えで賞味期限迫る

 正式デビュー前にもかかわらず、『NHK紅白歌合戦』への出場を決めたNiziU。11月以降は暮れの音楽番組への出演が続々と決定し、12月からは日本テレビで冠バラエティ番組『W...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

K-POP記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

菅義偉長男違法接待疑惑で首相辞任も?

今週の注目記事・第1位「総務相幹部がまた国会...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真