本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.155

「高卒社長が誕生の可能性も!?」フジテレビ“次期社長レース”の行方

odaibafujitv0608.jpgフジテレビ本社

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 フジテレビの重役人事で、新任常務に取締役映画事業局長の亀山千広氏(56)と、執行役員クリエイティブ事業局長の大多亮氏(54)が抜擢されたことで、フジの“次期社長レース”の行方がにわかに注目されている。

 亀山氏は、かつて興業配収175億円、実写邦画史上最大の観客動員数を記録した織田裕二主演の映画『踊る大捜査線』をプロデュース。ドラマでは木村拓哉と山口智子が主演した『ロングバケーション』を手掛け、社内外から高く評価されている。

 一方、大多氏は『東京ラブストーリー』に出演した女優の鈴木保奈美と“不倫”という味噌をつけたものの、『101回目のプロポーズ』なども手掛けて、90年代はトレンディドラマの仕掛け人といわれた敏腕プロデューサ―だ。同じ早稲田出身で、ライバルといわれた2人が同時に常務に昇進したことで、豊田皓社長(66)に代わって、どちらかが次期社長になるのではと、芸能界もその出世レースの行方を固唾を飲んで見守っている。下馬評では、ヒラの取締役を経験せずに2階級昇進した大多氏が、勢いでは優勢といわれているようだ。

 だが、筆者がフジの日枝久会長(75)に近い人物から入手した情報では、本命は常務の遠藤龍之介氏(58)だという。遠藤氏は、芥川賞作家で“狐狸庵先生”と呼ばれて親しまれた故・遠藤周作氏の長男だ。

 生前、狐狸庵先生は「大学受験は、なんの役にも立たない。そんなものに貴重な青春時代を浪費するのは愚の骨頂だ」といって、龍之介氏には大学受験を勧めなかったという。したがって、龍之介氏は高卒でフジに入社。もちろん、父親のコネがなければ、超人気企業に高卒などでは入れなかっただろうが、入社後、制作や総務を経験して常務に昇進したのは、遠藤氏の実力があってのことだったのだろう。そんな遠藤氏を「実は日枝会長が相当かわいがっているんですよ」(前出の日枝氏に近い人物)という。

 日枝氏は、24年間もフジのトップに君臨してきたワンマン会長。社長人事にも絶大な影響力を持っている。その会長が、遠藤氏を次期社長にと考えているというのだ。現職の豊田皓氏はまだ66歳。すぐとはいかないだろうが、近い将来、フジの社長に就任するのは遠藤氏というわけだ。果たして、高卒の社長が誕生するのか? フジの次期社長レースから目が離せなくなった。
(文=本多圭)

最終更新:2013/02/14 11:04
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真