日刊サイゾー トップ > 芸能  > パナソニックが大盤振る舞い!?

すでに1話延長が決定!? 多部未華子『浪花少年探偵団』に1社提供パナソニックが異例の大盤振る舞い!

tabe_tbs.jpgパナソニック ドラマシアター『東野圭吾
ミステリー 浪花少年探偵団』公式サイトより

 7月2日から放送の連続ドラマ『東野圭吾ミステリー 浪花少年探偵団』(TBS系)に主演している多部未華子。初回視聴率は7.8%とやや苦しいスタートになったが、撮影はすでに終了しているという。

「主演の多部さんのスケジュールの都合で、撮影は今年の1月から4月中旬まで行われ、すでに打ち上げも終了しています」(ドラマスタッフ)

 真面目な性格で知られる多部だが、今回のドラマスタッフからの評判もすこぶる良かったようだ。

「初の教師役と関西弁ということで、普段から関西弁を使うようにしていたそうなんですが、それがまたかわいくて(笑)。共演者で関西出身の小池徹平クンやスタッフにイントネーションを聞いたり、プライベートでもずっと関西弁を使っていたそうです。また、このドラマには子役が多数出演していますが、子どもたちにもかなり懐かれていましたよ」(同)

 そんな多部の人柄がスポンサーであるパナソニックにも伝わったのか、このご時世ではかなり珍しいことが起こったそうだ。

「実は、第1話を撮影しているときにパナソニックの関係者が見に来て、『このドラマは面白いから、1話延長しましょう』という話になったんです。そのとき同枠でオンエア中だった上川隆也さん主演の『ステップファザー・ステップ』の数字が悪かったということもあったのかもしれませんが、普通、オンエア前に延長するなんて考えられないですからね。ましてや、パナソニックは業績も厳しかったのに」(TBS関係者)

 果たして、パナソニックの期待に応え、大ヒットドラマとして成功を収めることができるのだろうか。

最終更新:2012/07/10 21:12

すでに1話延長が決定!? 多部未華子『浪花少年探偵団』に1社提供パナソニックが異例の大盤振る舞い!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

7月2日から放送の連続ドラマ『東野圭吾ミステリー 浪花少年探偵団』(TBS系)に主演して...
写真