日刊サイゾー トップ > 芸能  > 北川景子は“演技力不足”?

「ヒロインならいいのだけれど……」“演技力不足”北川景子の秋クール連ドラ主演決定に不安の声

kitagawskeik.jpg名脇役、ではある。

 最近はめっきりジャニーズドラマの脇役・ヒロイン役が板についてきた北川景子が、10月クールで久々の主演に“復帰”することがわかった。

「作品はまたコミックのドラマ化なのですが、共演は、いま話題のGACKTさんや優香さんです。ここのところ、櫻井翔さん主演の『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)に、ドラマ・特番・映画とヒロイン役で出ていて、単発ドラマの主演はありましたが、連ドラの主演となると、実に1年9カ月ぶりなんです」(テレビ局関係者)

 かなりご無沙汰な“主演復帰”に今から鼻息を荒くしているという彼女だが、周囲は意外にも少し冷ややかな目で見ているというのだ。

「というのも、最後に主演したドラマ『LADY~最後の犯罪プロファイル~』(TBS系)は、平均視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大惨敗してるんです。もともと彼女は、ドラマではヒロイン役が多く、『太陽と海の教室』や『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』『月の恋人~Moon Lovers~』(すべてフジテレビ系)などはどれも平均で15%近くは取っているので、ドラマとしては成功しているんです。北川さんは華もあるし、独特の存在感もある。ただ、演技が一本調子なので、主人公としてドラマの中心人物を演じるのは、まだ荷が重いのかなと……」(同)

 さらに『LADY~最後の犯罪プロファイル~』では、長年に渡り同枠のスポンサーだった資生堂と富士フイルムが、この作品をもって撤退するという事件も起きている。

「今はとにかくドラマの数字を取るのがかなり難しくなっているだけに、どれだけスポンサーを確保するかが重要なんです。営業のほうじゃ、“またスポンサーが離れたらシャレにならない”と話しているそうですから、彼女がもし、ここで数字も取れずにスポンサーが離れでもしたら、次の主演はなかなかないでしょうね」(芸能事務所関係者)

 いずれにしろ、周囲の雑音は実力で黙らせるしかないが……。

最終更新:2012/07/17 11:17
こんな記事も読まれています

「ヒロインならいいのだけれど……」“演技力不足”北川景子の秋クール連ドラ主演決定に不安の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

最近はめっきりジャニーズドラマの脇役・ヒロイン役が板についてきた北川景子が、10月クール...
写真