日刊サイゾー トップ > 芸能  > 90年代“超高視聴率女優”の明暗

再浮上の行方は……!? かつての“超高視聴率女優”山口智子と鈴木保奈美の明暗

aitoiuna.jpg『愛という名のもとに DVD-BOX』
(フジテレビ)

 テレビドラマ全盛期に“超高視聴率”を記録した女優2人が、再浮上の動きを見せている。1996年に放送され平均視聴率29.6%、最終回は36.7%を記録した『ロングバケーション』の山口智子と、91年に『東京ラブストーリー』、92年に『愛という名のもとに』(すべてフジテレビ系)と立て続けに大ヒット作を飛ばした鈴木保奈美だ。

 山口にとって16年ぶりの連ドラ復帰となる作品は、10月スタートのフジ系ドラマ。世界的に活躍する是枝裕和監督が脚本・演出を担当し、キャストにも宮崎あおい、阿部寛など豪華な布陣が揃った。

 一方、昨年12年ぶりにNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国』で復帰した鈴木だが、それ以降、ドラマ出演の話は持ち上がっていない。

「劇中、45歳の彼女は同世代のライバル女優である小泉今日子や財前直見と比べてもブランクを感じさせない演技だったし、見た目も思ったより劣化してなかった。実際、昨年以降、ドラマだけでなく映画のオファーもあったようなのですが……」(テレビ局関係者)

 実はそれらのオファーに対し、鈴木のほうから断りを入れているのだという。

「どれも“主演”ではなく、脇役でのオファーだったようです。彼女自身、『私は主役しかやらない』という考えのようですが、今のところ主演の話はなく、“開店休業”といった状態のようです。休業前は主役ばかりやっていたので、その感覚が抜けていないんでしょうね」(同)

 彼女の場合、旦那であるとんねるず・石橋貴明が稼いでいるということもあり、仕事への焦りはないということだろうか。

「ただ、このままだと山口に話題をさらわれた格好になりますね。これ以上ブランクを空けると、また忘れられた存在になってしまい、ますますオファーが来なくなると思いますよ。この辺りでドラマでも映画でも、出演しておいたほうがいいと思うのですが」(映画関係者)

 昨年撮影した映画『のぼうの城』は1年2カ月の延期の末、今年11月に公開されるという。その後の予定はないだけに、映画のヒット次第では主演での連ドラ復帰もあるかも!?

最終更新:2012/07/18 11:29
こんな記事も読まれています

再浮上の行方は……!? かつての“超高視聴率女優”山口智子と鈴木保奈美の明暗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

テレビドラマ全盛期に“超高視聴率”を記録した女優2人が、再浮上の動きを見せている。199...
写真