日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山本太郎もう営業マン辞めてた

「出社したのは10日程度……」反原発の山本太郎 もう“サラリーマン”辞めていた

yamamototaro001.jpg

 反原発運動を続ける俳優の山本太郎が、社員として勤務していた太陽光発電施工事業を展開する企業「ソーラーリフォーム」を、7月17日をもって契約満了で退社していたことがわかった。

 ソーラー社は、太陽光発電システムをウェブで販売していくことを事業の柱に、今年1月に設立された企業。この時期に、同社の清水勇介社長が山本と知り合い、「自然エネルギーを普及させていきたい」という思いが一致した上に、反原発活動開始以降、仕事が激減していた山本の安定した収入源確保のため、同社への入社が決まった。

 山本は4月18日に同社の入社式に出席し、営業部へ配属されていた。契約期間は当初から3カ月の予定で、その際、山本は「法人契約が取れたら大きいですね」と語っていた。だが、ソーラー社の関係者によると、実際には、3カ月間の契約期間中に出社したのは10日ほどで、社内研修を受けるまでにとどまり、営業活動はしなかったようだ。

 それでいて、「待遇は幹部社員クラスだった」(同社関係者)というのだから、ソーラー社からしてみたら、高い買い物のように映る。だが、同社関係者は「入社式の模様は、テレビやネットニュースで大きく取り上げられた。当社は事業を開始したばかりで、知名度ゼロだったのに、そのおかげで、ホームページにアクセスが殺到した。現在の当社の売り上げは、彼の入社なしでは考えられなかった」と語っており、「広告塔」として、十分すぎるほど元はとれたようだ。

 ソーラー社は、山本に契約延長の意向を伝えたが、山本は「本業(芸能活動)が忙しくなってきたから」と、これを断り、契約満了を迎えたという。

 ソーラー社への入社以降、5月には自身の結婚、6月には実姉が大麻取締法違反で逮捕されるなど、本業以外の話題ばかり先行してしまった山本だが、本業が多忙になってきたというのはなにより。ワイルドなキャラが魅力だった彼には、スーツ姿で笑顔を振りまく「サラリーマン山本太郎」はやっぱり似合わなかった!?

最終更新:2012/08/24 16:07
関連キーワード

「出社したのは10日程度……」反原発の山本太郎 もう“サラリーマン”辞めていたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

反原発運動を続ける俳優の山本太郎が、社員として勤務していた太陽光発電施工事業を展開する企...
写真