日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB大島が下世話報道にニヤリ

「下ネタは、かなりイケるタイプ」AKB48・大島優子“至高の名器の持ち主”報道にニンマリ?

yukooshima_meiki.jpg実際どうなの?(撮影=後藤秀二)

 下世話な記事がウリの「週刊実話」(日本ジャーナル出版)の8月23・30日合併号が話題となっている。

 大見出しは「AKB48 秘密の花園総選挙 大島優子 至高の『名器』」。AKB48メンバーの女性器の“総選挙”を行ったところ、大島が1位に輝いたというものだ。

 こうした記事を堂々と掲載するのが「実話」のすごいところ。同誌は以前にも、大島の“名器度”を診断。専門家によるSEX診断チャートの数値がどれも高く、エロさという点でもAKB48メンバーの中でもトップクラスと断定。目鼻立ちが大きく、エネルギッシュな女相で、大きな口に大きな門歯、張ったエラ、金甲(小鼻)の発達した横幅のある鼻と、絶倫相が揃っており、セックスは一晩で二交、三交は当たり前。「男1人で間に合わなければ二股、三股もありうる」という記事を掲載した。

 ただでさえ“恋愛禁止”のAKB48なのに、それをはるかに凌ぐ“名器記事”は熱狂的なファンの怒りを買いそうだが、当の大島は記事の内容を知っても余裕の表情だという。

「彼女は週刊誌が大好きで、自分の記事はくまなくチェック。『芸能人は書かれてナンボ』と、肝が据わっているんです。過去にウエンツ瑛士と熱愛が報じられた時は、さすがに本人も焦ったそうですが、それ以外は豪快に笑い飛ばす性格。今ごろゲラゲラ大笑いしていると思いますよ」(大島を知る人物)

 そればかりか「むしろ彼女は名器と言われて大喜びしているらしいですよ。ファンの前では隠しているけど、舞台裏の彼女は下ネタがイケるタイプ。負けん気が強く、ナンバーワンやオンリーワンを目指す性格だから、名器記事は勲章でしょう」(同)

 AKB48のセンターは文字通り“器”が違うようだ。

最終更新:2013/01/29 11:56

「下ネタは、かなりイケるタイプ」AKB48・大島優子“至高の名器の持ち主”報道にニンマリ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

下世話な記事がウリの「週刊実話」(日本ジャーナル出版)の8月23・30日合併号が話題とな...
写真