日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小栗旬に映画関係者が激怒!?

「声優仕事は適当なのか?」アニメ映画の舞台挨拶で“月9”アピールの小栗旬に関係者が激怒!?

oguri_dame.jpg『情熱大陸×小栗 旬 プレミアム・
エディション』
(ジェネオン エンタテインメント)

「初回視聴率は13.9%とまずまずの滑り出しでしたが、ついに2桁を割ってしまいました。要するに、彼は数字を持ってなかったってことでしょう」(フジテレビ関係者)

 月曜9時のフジテレビ枠、いわゆる“月9”で『リッチマン、プアウーマン』に主演中の小栗旬。その視聴率が第6話で1桁台に突入し、フジテレビ内でも小栗に対する“責任問題”がチラホラ持ち上がる中、今度はまた別の問題が浮上している。

「実は、小栗さんが声優として主演した『グスコーブドリの伝記』のスタッフが、小栗さんにカンカンなんだそうです。この映画は7月公開だったんですが、5月に公開された小栗さん主演の『宇宙兄弟』と宣伝時期がかぶってしまい、アニメの宣伝が思うようにできなかったんです。おまけに、今アニメ映画といえば、宮崎あおいさんが声優を務めた『おおかみこどもの雨と雪』に話題を全部さらわれてしまっていますからね」(映画関係者)

 確かに、『宇宙兄弟』は番宣でW主演を務めた岡田将生とバラエティ番組に片っ端から出演したり、韓国でも話題となって賞を取ったりしたが、この『グスコーブドリの伝記』は露出も少なく、宣伝の力の入れ方には明らかに差があった。さらに、スタッフたちの怒りを決定づける出来事もあったという。

「初日の舞台挨拶のときに、よりによって自身が主演する“月9”のPRをしたんです。そうしたら、スポーツ紙は当然、その話も原稿に入れますよね? その分、映画に関するスペースが少なくなるんです。彼は当然、悪気があってやってるわけではないでしょうが、この作品だけに関わっている人からすれば、“しょせん俳優は、声優の仕事は適当にやっているのか”って思っちゃいますよ。彼はいい声をしてるんだから、その辺はもう少し気を使ったほうがいいと思いますね」(映画スタッフ)

 本業の俳優も厳しい状況の小栗。二兎を追うものは一兎をも得ないのだろうか……。

最終更新:2012/08/24 14:42

「声優仕事は適当なのか?」アニメ映画の舞台挨拶で“月9”アピールの小栗旬に関係者が激怒!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

徳井・小沢と暮らした放送作家が予言する「第7世代の次」

「初回視聴率は13.9%とまずまずの滑り出しでしたが、ついに2桁を割ってしまいました。要...
写真