日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『桐島』原作者は取材NG!?

原作者なのに取材NG!? 映画『桐島、部活やめるってよ』のPRに作家・朝井リョウが協力できない理由

kirishima.jpg映画『桐島、部活やめるってよ』

 神木隆之介、橋本愛主演で、今月11日に公開された映画『桐島、部活やめるってよ』。製作の日本テレビが中心になって連日、大々的なプロモーションが展開され、作品の評判も上々なのだが、この映画をめぐっては一つだけ気になることがある。

 それは、一連のプロモーション活動に原作者の朝井リョウの姿をまったく見かけないことだ。朝井といえば、先の第147回直木賞にもノミネートされた若手有望作家で、最近の作家には珍しく、テレビや雑誌の取材などにも積極的に応じることで知られている。ところが、今回の映画がらみでは、小説の版元である集英社の文芸誌「小説すばる」に登場したくらいで、ほとんどメディアに露出していないのだ。

「『桐島』の公開に合わせてインタビューを申し込んだんですが、映画がらみは基本的にNGだといわれました」(雑誌編集者)

 メディア露出だけではない。朝井は映画公開初日の舞台挨拶でも、観客席にいながら一切舞台には上がっていない。

 これはいったいなぜなのか。映画化された『苦役列車』を「どうしようもなくつまらない」と酷評した西村賢太のように、映画の出来が気に入らなかったということではなく、自身のTwitterでは作品を絶賛し、打ち上げで大はしゃぎしたことなども報告しているほどだが……。

 実は、朝井は現在、今回の映画の製作・配給元とはまったく無関係な大手映画会社に勤務しているのだという。

「朝井さんは大学2年生の時に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を取ってデビューしたんですが、今年春に大学を卒業して、大手映画会社の東宝に正社員として就職しているんです。『桐島』の配給会社はショウゲートですから、宣伝に協力すれば、就職先の競合会社に手を貸すことになる。それで表立った活動を自粛しているようです」(映画業界関係者)

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真