日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐藤健があっちゃんをフった!?

あの国民的アイドル前田敦子を“フッた?”男・佐藤健 スキャンダル連発のモテ男ぶり

satotakeru.jpg『佐藤健 写真集 NOUVELLES』
(マガジンハウス)

 AKB48を卒業した前田敦子に、早くも熱愛報道が浮上した。現在発売中の「週刊文春」(文藝春秋)で、泥酔状態の前田が尻丸出しでイケメン俳優の佐藤健に抱えられるという、あられもない姿を晒しているのだ。佐藤といえば、ドラマや映画でも注目されている若手俳優。AKB卒業で恋愛解禁となったマエアツを、早速モノにしたという構図なのか。

「前田と佐藤は2010年に前田の初主演ドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演して以来の知己らしいのですが、今回の場合は熱愛というよりも、前田が佐藤にアタックしてフラれたという気がしないでもない。しかし、佐藤のモテ男ぶりは相変わらずですね」(芸能ライター)

 現在、主演映画『るろうに剣心』が興行収入20億円を超える大ヒットを記録している佐藤だが、過去に「オシリーナ」ことグラビアアイドルの秋山莉奈や女優の石原さとみとの交際も報じられたことがある。

「秋山とはお互いの自宅を行き来する仲だったと報じられましたし、石原とは舞台『ロミオ&ジュリエット』の打ち上げで何度もキスをしていたと、週刊誌で報じられたばかりです。今回の報道で、『あれっ、石原とはどうなってるの?』って思ったぐらいですよ(笑)」(同)

 「今、六本木で一番派手に夜遊びしているのは佐藤」(同)といわれるように、公私ともに絶好調の佐藤だが、こんなトラブルもささやかれた。

「佐藤は07年に主演した『仮面ライダー電王』でブレークしたのですが、『電王』のヒロイン役だったタレントのSが突然、休養・降板したのです。当時、Sは自身のブログで『電王については……今の私の立場・状況では何もお話しすることが出来ません』と明かしたこともあり、さまざまな理由がささやかれました。中でも根強い説だったのが、佐藤の熱狂的なファンらの嫌がらせによって心身ともに蝕まれてしまったというもの。もっとも、一方で当時の所属事務所と活動方針をめぐって確執があったという説もありますからね。現在、彼女は当時の事務所を辞めて、地元・宮城のローカル番組などで細々と活動しているようですが」(同)

 真偽のほどは定かではないが、これも佐藤のモテ男ぶりを示すエピソードだろう。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの佐藤だが、好事魔多しというだけに、足元をすくわれないよう気をつけたいところだ。

最終更新:2012/09/13 16:00
こんな記事も読まれています

あの国民的アイドル前田敦子を“フッた?”男・佐藤健 スキャンダル連発のモテ男ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

AKB48を卒業した前田敦子に、早くも熱愛報道が浮上した。現在発売中の「週刊文春」(文藝...
写真