日刊サイゾー トップ > 芸能  > ‟実力派俳優”大森南朋の憂鬱

「とにかく映画で賞を取りたい」ヒットに恵まれない実力派俳優・大森南朋の憂鬱

oomorinao1.jpg大森南朋公式サイトより

 俳優や女優の中には、連ドラよりも映画を優先する人が多い。大森南朋もそのひとりだ。

「ギャラ的には当然、映画よりも連ドラのほうが割がいいです。ただし、“俳優”としての“格”を優先するのであれば、映画に出て大きな賞を取ることですよね。大森さんも40歳ともう若くはないですから、このあたりで大きな賞を取りたいんじゃないでしょうか」(映画関係者)

 大森を演技派俳優と呼ぶことに異論を挟む人はいないだろうが、彼ひとりで客を呼べる俳優かというと、「そこまででは……」と答える人がほとんどだろう。

「実際、彼もそれを意識しているみたいで、『とにかく、映画で賞を取りたい。取れば変わるから』と酒を飲むたびに愚痴をこぼしているそうです。確かに、これまで出演した映画でヒットしたといえるのは、ドラマを映画化した『ハゲタカ』くらい。年間5~6本の映画に出ていますが、どれもヒット作と呼べる作品ではないですね」(芸能事務所関係者)

 同じく演技派俳優と呼ばれ、ドラマより映画を優先する俳優に役所広司もいるが、

「役所さんの場合はほとんどが主演で、作品がヒットしなくても外国で高い評価を得て賞を取っていますからね。彼の映画のギャラは、国内ではトップクラスの1本1,000万円だといわれています。大森さんが映画で勝負するなら、まずは大きな賞を取ることでしょうね」(前出・映画関係者)

 沢尻エリカ主演の『ヘルタースケルター』など、話題作にも出演している大森。あとは、作品のヒットに巡り合えれば、役所広司への道も遠くない!?

最終更新:2012/10/30 18:38
こんな記事も読まれています

「とにかく映画で賞を取りたい」ヒットに恵まれない実力派俳優・大森南朋の憂鬱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

「歩くたびにおっぱいが大きくなる靴」「社会人のための会社を休む理由をランダムで生成す...…
写真