日刊サイゾー トップ > その他  > スパイダーマン新作がツタヤ独占のワケ
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

批判殺到! 『スパイダーマン』新作がTSUTAYA独占のワケ

 サイゾー新ニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けしちゃいます!

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
「シェアたったの1.5%!?」Yahoo!が韓国から撤退
ヤフー・ツタヤ提携が狙うネット&リアルの覇権と楽天潰し!?
Yahoo! IDとTポイント、顧客情報の集約をめぐる“仁義なき闘い”

■特にオススメ記事はこちら!
批判殺到! 『スパイダーマン』新作がTSUTAYA独占のワケ – Business Journal(12月2日)

post_1095.jpg物語はそこそこアメイジングでしたけど。
(「アメイジング・スパイダーマン公式サイト」より)

 人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!

 今週は、林賢一氏が、『アメイジング・スパイダーマン』がTSUTAYAで独占できたワケを追求した!

[回答者]TSUTAYAコンタクトセンター

 映画は劇場でしか観ない。

 そう決めてから、去年は365本劇場で観た。どれだけ暇なんだ、という突っ込みは勘弁してほしい。暇ではなかったけれど、朝イチの上映にせこせこ通っていた、ということにしておいてほしい。そうでなければ格好がつかないではないか。

 今年は11月下旬の時点で163本とペースが落ちているが、まあ、2日に1本のペースになるだろうか。

 それに加えて最近は「カット数を数えながら観る」というかせを自分に与えた。ちなみに、イーストウッド主演の最新作『人生の特等席』は1473カットである。なぜこんなことを始めたのかというと……話が長くなりそうなので略、である。興味のある方はメールでも送っていたければ、丁寧に対応したいと思う。

 閑話休題。

「映画は劇場でしか観ない派」のわたしとしては、急激にレンタル屋に行く機会が減ってしまった。なにせ、1日に1本劇場で映画を観ている生活だったのだ。見逃した映画などほとんどない。劇場で臨場感を味わったのに、同じ作品を自宅モニターで観る気など一切ない。もし、2回目の鑑賞をしたいと思っても、劇場に行く。今のわたしはそれくらい徹底して劇場主義である。

 そんなわたしがCDを借りるため、久しぶりにTSUTAYAを覗いて驚いた。

 『アメイジング・スパイダーマン』TSUTAYA独占レンタル、である。

 2パターンの切り口で攻めてみたい。

 「正義の味方が、なんかせこくないか?」

 もしくは……。

 「そのレンタルシステム、全然アメイジングじゃねーよ」

 気になる。これ以上の言葉はいらないだろう。

 そこで【TSUTAYAコンタクトセンター】に直接聞いてみた。

「『アメイジング・スパイダーマン』はなぜTSUTAYA独占のレンタルなんですか?」

担当者 あのー、『アメイジング・スパイダーマン』をお取り扱いしているメーカーさんとTSUTAYAとで、話し合いをさせていただきまして、それで独占のご契約を……はい、ウフフ(笑)。もしご利用ご希望でしたら、ぜひご活用をしていただければと思います。

──これまでもTSUTAYA独占の作品ってあったんですか?

担当者 今までも、TSUTAYAのみでレンタルできる作品もご案内もさせておりました。

──あ、あるんですか?

担当者 はい、TSUTAYAだけで。

──ほかのレンタル店では扱っていない?

担当者 作品によってはTSUTAYAだけでご案内している作品もございます。

──これって、なんで独占ができるんですか?

担当者 まあ、著作権を取得されているメーカーさんとの話し合いで、はい。メーカーさんとのやりとりになりますのでこちら、基本的にお客様に情報を開示しておりません。

──そうですか。新聞や報道で見たんですが、中小のレンタル事業者が怒っている、という話がありますよね?

担当者 あー、私もそのニュースをお聞きしているんですが、今回、『アメイジング・スパイダーマン』を日本でお取り扱いさせて頂いているメーカーさんとのやりとりになっておりますので。

──今後も、TSUTAYA独占の作品は増えていくんですか?

担当者 メーカーさんとのやりとりになりますので、TSUTAYA独占だけのお取り扱いの作品も、弊社ではご案内させて頂いております。

──やはり、独占にするメリットってあるんですよね?

担当者 独占というのは、はい、お客様にTSUTAYAでのサービスをご利用いただけるということで、TSUTAYAの方でご利用いただいて、お客様の方でお楽しみいただけるかと思います。

 【メーカーさんとのやりとりは情報開示できない】の一点張りで逃げ切られてしまった。

 ナイス・アメイジング! と叫びたくなるような巧みな逃げ口上である。メーカーというブラックボックスを通せば、すべてが闇に葬られる感。ノット・アメイジング!

 そんな言い訳、正義の味方なら許すだろうか?

 スパイダーマンなら許さないと思う。って余計なお世話である。
(文=酒平民 林賢一)

■おすすめ記事
「シェアたったの1.5%!?」Yahoo!が韓国から撤退
ヤフー・ツタヤ提携が狙うネット&リアルの覇権と楽天潰し!?
Yahoo! IDとTポイント、顧客情報の集約をめぐる“仁義なき闘い”
キンドル上陸で追い込まれた楽天が自暴自棄 koboを投げ売り!
アマゾン、楽天も市場参入…ゾゾタウン大幅減益の理由

最終更新:2012/12/03 07:00
こんな記事も読まれています

批判殺到! 『スパイダーマン』新作がTSUTAYA独占のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

CDを借りるため、久しぶりにTSUTAYAを覗いて驚いた。『アメイジング・スパイダーマン...
写真