その他の記事一覧 (4806件)

その他の記事一覧です

【おたぽる】

ジャニーズがチケット転売対策に躍起!?  キンプリ出演舞台の本人確認をめぐり物議「その前にやることあるだろ」

【おたぽるより】  8日に帝国劇場で幕を開けた、King & Prince・平野紫耀、永瀬廉、高橋海人の3人が座長を務める舞台『JOHNNYS' ISLAND』。チケットの...
続きを読む
【wezzy】

消費税を上げて法人税は下げる…なぜ労働者ばかり搾取されるのか

10月から消費増税がスタートした。株式会社ワークポートが11月に発表した調査結果によると、「消費増税を負担に感じている」と回答した人は57.8%と6割近くにのぼる。  しかし経団...
続きを読む
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」

スニーカー中毒者を量産する中国「ファッションアプリ」の裏事情

――あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界最大の人口14億人を抱える中国では、国家と個人のデータが結びつき、歴史に類を見ないデ...
続きを読む
【おたぽる】

ティアスタジオの「計画的トンズラ説」が濃厚に? 実は「資本金50万円」の会社だった……

【おたぽるより】  劇場公開中のアニメ『フラグタイム』の制作を担当している「ティアスタジオ」を運営する株式会社ネクストバッターズサークルをめぐる騒動。関係者の間では、計画的...
続きを読む
【wezzy】

痴漢冤罪を「ネタ」にしてしまう漫才と『スカッとジャパン』 痴漢が趣味で娯楽だった時代はまだ続いているのか?

痴漢という性暴力は、かつて「犯罪」と認識されておらず、趣味のひとつ程度のものだった……何十年も前の雑誌や新聞記事を読み解き、痴漢を娯楽にしていた日本社会の実像に迫った牧野雅子さん...
続きを読む
アイドルはリアルを歌えるのか?

アイドルがリアルを歌う本当の理由 逃げ道を作らねば発売できず! 平成以降のアイドルと反戦歌

――「無駄な血を流す必要はない」「悲しみは未来永劫、連鎖する」「戦争をやめよう」――こうした反戦を歌った曲を耳にしてきた読者は多いだろう。しかし、そのような反戦歌は、令和を迎...
続きを読む
【wezzy】

高畑充希が共演女優との不仲報道を“捏造”と完全否定 「芸能人も人間なんだぜ」

女優の高畑充希が、週刊誌の報道を一蹴した。高畑がInstagramを更新したのは今月8日で、以下の文章と共に、ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)で共演中の相武紗季に胸ぐらを掴...
続きを読む
【wezzy】

英米がノーベル賞受賞者を独占するのはなぜか?

今年もノーベル賞受賞者が発表された。アルフレッド・ノーベルの命日である12月10日にスウェーデンのストックホルムとノルウェーのオスロ(平和賞)で授賞式が行われる。  ノーベル賞受...
続きを読む
ラッパーが司法制度と戦う理由

国家に狙われたストリート・ギャング! ニプシー・ハッスルの死去から見る「米ヒップホップの司法戦争」

――ストリートから誕生したヒップホップは、時代と共に成長し、エンタメに特化したパーティチューンから、真っ向から社会を批判するプロテストソングまで、形態は多種多様だ。本稿では、...
続きを読む
【おたぽる】

デーブ・スペクターも参戦!? 大河ドラマ『麒麟がくる』に面白ツイート続出

【おたぽるより】  来年1月スタート予定のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が、初回放送日を延期することを発表。開始日の変更を受け、ネット上では「麒麟は果たしてちゃんとくるのか...
続きを読む
【wezzy】

それ、デート商法じゃない? 「モテ期」は疑ったほうがいい

SNSなどで、見知らぬ異性からなれなれしく「今度会おうよ!」などと書き込まれたら要注意だ。それは、罠かもしれない。  恋愛感情や見栄を悪用して商材を売ったり会員登録させたりする「...
続きを読む
【おたぽる】

『天気の子』中国市場では苦戦 公開1カ月で『千と千尋の神隠し』を下回る結果に

【おたぽるより】  11月1日から中国でも劇場公開が始まった『天気の子』は予想通りの人気作となっています。前売り券だけで日本円で3億円近くを売り上げたことが話題になっていま...
続きを読む
【wezzy】

眞子さまの結婚問題を奔放なイギリス王室メンバーと比べてみれば

眞子さまのご結婚関係儀式の日程を再来年に延期する旨を宮内庁が発表したのが、2018年2月7日だった。「再来年」である2020年が目前に迫り、今後の動向を窺うニュースが増えつつある...
続きを読む
【おたぽる】

『アナ雪2』“ステマ騒動”でディズニーが謝罪「コミュニケーションに行き届かない部分」『アベンジャーズ』にも疑いの目

【おたぽる】  現在公開中のディズニー映画『アナと雪の女王2』(以下、アナ雪2)の“ステマ疑惑”を受けて、5日、映画を配給するウォルト・ディズニー・ジャパンが公式サイトで謝...
続きを読む
【wezzy】

撮影現場でいまだに暴力、日本の映画産業ではハラスメントが絶えない/深田晃司監督インタビュー

『淵に立つ』(2016年公開)で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員賞を受賞するなど国際的に高く評価されている深田晃司監督が、映画の撮影現場におけるハラスメントに関す...
続きを読む
【おたぽる】

ガイナックス社長逮捕報道の「エヴァ制作の…」に違和感 だが、今のガイナックスには「なにもない」

【おたぽるより】  声優志望の10代女性にわいせつな行為をしたとして、アニメ制作会社・ガイナックスの社長・巻智博容疑者(50)が5日、準強制わいせつ容疑で逮捕された。  巻容疑者...
続きを読む
【wezzy】

りんごちゃん「男か女か」の性別イジりを終わりにする方法

12月4日、その年に検索数が急上昇した人物などを表彰する「Yahoo!検索大賞2019」の授賞式に、大ブレイク中のものまねタレント・りんごちゃんが出席。そこでりんごちゃんの性別に...
続きを読む
【おたぽる】

『ポケットモンスター剣盾』ポケモン交換で誤送信事故が発生? トホホな仕様に「通信ケーブル使ったほうが楽」の声も

【おたぽるより】  大ヒットの裏で「エラー問題」が次々報告されている『ポケットモンスター ソード・シールド(剣盾)』。あくまでネット上の報告であるため、信ぴょう性に欠くもの...
続きを読む
【wezzy】

「#KuToo」は女性優遇でもハイヒール禁止でも男性差別でもない

12月2日、その年の話題になった言葉に贈られる「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の表彰式が都内で行われ、年間大賞をラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」が受賞した。...
続きを読む
【おたぽる】

『ドラえもん』0巻が売れすぎてヤバイ 初期のドラえもんの魅力は「キャラが固まってない雰囲気」

【おたぽるより】  売れすぎてヤバイ。小学館のてんとう虫コミックスで『ドラえもん』の23年ぶりになる単行本新刊「0巻」が発売され、書店での完売が相次いでいるという。  てん...
続きを読む
【wezzy】

妊婦やベビーカーへの憎悪も可視化されるネット 「子育てしやすい社会」の空気をどう作るか

10月上旬、とあるTwitterユーザーが「ベビーカーには席を譲りません」と主張し、その意志を示すためのマークを作成してツイートした。同ツイート主は「ベビーカー様が蔓延る世の中。...
続きを読む
【おたぽる】

「江戸時代の家には〇〇がない」――歴史監修者に聞く、歴史トリビア

【おたぽるより】  女体化した戦国武将がミニスカートやビキニ姿で関ケ原の合戦をしているようなコンテンツも珍しくない中、一方で「歴史もの」は歴史警察が跋扈する世界でもある。コ...
続きを読む
【wezzy】

消費増税を続ければ、日本はどんどん貧しくなっていく/井上純一インタビュー

日本経済の行き詰まりが続いている。賃金は上がらず、消費も伸びず、大手企業の冬のボーナスが100万円近いといっても庶民の生活は変わらずに苦しい。10月1日には消費税が10%になった...
続きを読む
【おたぽる】

初音ミクさんと結婚式から一年。等身大ミクさんを迎えた近藤さんのスイートホームを訪問

【おたぽるより】 「なにか生活が変わったかって? それはありません。だって長く同棲していたカップルが結婚しても、急に生活が変わったりしないでしょう」  昨年11月4日に初音...
続きを読む
【wezzy】

メルカリで「悪い」評価を避ける方法 失敗例と簡単にできる対策!

メルカリで「悪い」と評価されてしまったこと、ありますか?  「悪い」評価をされると、落ち込みます。お酒の席で、よかれと思って余計な一言を発してしまった翌日の朝くらい、落ち込みます...
続きを読む

当店自慢の「保奈美さん」褒めるところが多いんです!

 まずはお顔。とにかくかわいいの一言に尽きます。大きな瞳でずっと見つめてきます。そらさないんです、青春を感じます。   服の上からでもわかるお身体のシルエットはとってもセクシー...
続きを読む

街を歩けば誰もが振り返る、高身長で小顔モデル系JD

 清楚なルックスとバレエで鍛えたモデルのような肉体を携える大学生「愛彩さん」のご紹介でございます。  上目使いでニコニコ、お行儀良くて、身体もしなやか、すごく恥ずかしそうにし...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】売春婦かつ女衒だった少女・和日子と雛子にただよう覚醒剤の幻

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む
【wezzy】

生理をオープンにするかしないかの前に「正しい情報」は知られているか

大丸梅田店5階フロアに新たにオープンした「ミチカケ(michi kake)」の売り場従業員が任意で“生理バッジ”をつける試みが、中止となった。  この売り場では「隠すべきこと」「...
続きを読む
【おたぽる】

面白さとそれっぽさの兼ね合いと歴史警察対策と。歴史監修はいかに行われているのか

【おたぽるより】  女体化した戦国武将がミニスカートやビキニ姿で関ケ原の合戦をしているようなコンテンツも珍しくない中、一方で「歴史もの」は歴史警察が跋扈する世界でもある。コ...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

その他記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真