日刊サイゾー トップ > 芸能  > 研音の育成システムがすごい!

“ゴリ押し”なしでスターを生み続ける名門芸能事務所「研音」 業界注目の育成システムとは

mocokenon.jpg『MOCO’Sキッチン』(日本テレビ放送網)

 唐沢寿明、天海祐希、山口智子、反町隆史、竹野内豊、江角マキコ、沢村一樹、速水もこみち等、そうそうたるメンツを抱える芸能事務所「研音」。今、その「研音」の“育成システム”に業界が注目しているという。


「研音のすごいところは、スター俳優が途切れないということですね。昔は、女優だと山口智子や財前直見が、俳優だと唐沢寿明や反町隆史、竹野内豊が引っ張っていて、今は菅野美穂や天海祐希、沢村一樹や松田翔太が引っ張っています。共通しているのは、どの役者も事務所が“ゴリ押し”していないということです」(芸能事務所関係者)

 ジャニーズ事務所やオスカーなどを例に挙げるまでもなく、芸能界にはある特定の事務所がキャスティングに強い影響力を持っていることは否めない。

「いわゆる“バーター”出演なのですが、これは研音もやっています。ほかと違うのは、無理な路線を俳優に強いないということです。一時期、速水もこみちが連ドラに出演していた時期がありましたが、“ゴリ押し”と言われたのはあのときくらいじゃないですかね。彼も、いまや“料理人”という売り出しで成功していますし、沢村さんも2時間ドラマのキャスティングには必ず名前が挙がるまでに成長しましたし、どの人も現場の評判がいいのが特徴ですね。ある事務所がゴリ押しで出演する女優などは、多忙過ぎてスタッフに挨拶しない人もいますからね」(テレビ局関係者)

 要は、“路線”をしっかり築くことが「研音」のシステムだというのだ。

「もこみちがいい例ですよね。彼に連ドラの主演が無理だと判断した途端、まったく別の路線である料理に道を見いだしました。女優をやっていた江角マキコは、いつの間にかバラエティの顔にもなっています。マネジャーは地道にそういった営業を行っていますし、タレントにも経緯を説明して納得させてからやらせていますから、現場の評判もいいですよ。ほかの事務所では、嫌々バラエティの仕事をしている女優さんもいますからね(苦笑)」(同)

 しばらく「研音」の天下が続きそうだ。

最終更新:2013/02/28 12:00
こんな記事も読まれています

“ゴリ押し”なしでスターを生み続ける名門芸能事務所「研音」 業界注目の育成システムとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

唐沢寿明、天海祐希、山口智子、反町隆史、竹野内豊、江角マキコ、沢村一樹、速水もこみち等、...
写真