日刊サイゾー トップ > その他  > 韓国の日本製品不買運動 真の目的

韓国の日本製品不買運動 その目的は“社会的地位獲得”にあり!?

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
シャープ、出資受けるサムスンへ過去に技術漏洩の疑い…元副社長が明かす
新配信サービス人気で変わる音楽市場 日本だけガラパゴスでm-flo Takuも怒り
さらば白川総裁! 祭り上げられた5年間の評価は「何もできなかった」!?

■特にオススメ記事はこちら!
韓国の日本製品不買運動 その目的は“社会的地位獲得”にあり!? – Business Journal(3月8日)

VANKVANKの日本版サイト。意外とフレンドリーな印象だけど…。
(「VANK HP」より)

――日本にとって近くて遠い国と呼ばれ続けてきたおとなり韓国。近年ではK-POPや韓流ドラマなど文化的な面だけでなく、サムスンや現代自動車の 隆盛など経済的な競争相手としても交流が増えてきている同国の政治や経済はどうなっているのだろうか? 韓国の国内事情に視座を置きつつ、日本との関係の中でどんな影響があるのかを追ってみよう――。

「日本製品を買わないし、売らない!!」

 去る3月1日、韓国の一部の人々の間で日本製品“不買運動”が始まった。不買運動は、韓国の民間団体『路地裏商圏生存消費者連盟』を中心にする自営業者たちが決起したもので、日本の“竹島の日”記念式典に対抗する性格を持っている。運動を主導する同連盟オ・ホソク代表は、「日本が真摯に独島(竹島)に対する侵略野望を捨て、本当の平和が訪れるまで不買運動を継続することが私たちの決意だ」と語気を強めて韓国メディアに宣言した。

 今回の不買運動には、600万人に上る自営業者や商人が参加している。数字上では、韓国国内に流通する日本製品の80%に影響を与えるとも言われているが、オ代表は「経済規模が大きい日本に対して不買運動を行なっても、効果は薄いだろう」と冷静さも失っていない。さらに、韓国の世論調査機関・モノリサーチによると、今回の不買運動に反対、もしくは関心がないという人が53%と過半数を占めている。「意気込みはいいけど、現実は…」というのが一般的な韓国市民の反応なのだ。

 確かに日本への経済依存度が高い韓国で、長期的に日本製品を取り扱わないことは、現実的に不可能だろう。相手に経済的なダメージを与えることができないことを、彼らは誰よりも知っているわけだ。それでもあえて不買運動に踏み切ったのはなぜかーー。

 そもそも『路地裏商圏生存消費者連盟』は、商店街の売り上げ増加を目的にする個人自営業者たちの団体である。経済格差が広がる中で大型店との競争に敗れ、韓国では町の商店街や自営業が次々と閉店に追い込まれている。そのため同連盟は、サムスンやロッテ、現代グループなど財閥系企業に照準を絞った“大型店不買運動”も展開中。ただ、それも理屈上では、大企業に経済競争で太刀打ちできるわけがないことは明白だ。

 それだけに彼らの不買運動には「理解に苦しむ」、「しょぼい不買運動」などの評価も飛び交うが、運動の真の目的が外側に影響を与えることにあるのではなく、“内側”にあると考えれば、すべての疑問は解消される。同連盟のオ代表の言葉が印象に残る。

「今回の不買運動は、論理を超えた我々の自尊心なのだ。経済論理で不利だからといって、我々が沈黙してはならない。この不買運動を愛国運動に昇華させることが重要なのだ」

 つまり彼らは、日本に対抗することで、韓国社会に自らのナショナリズムを誇示しようとしているのだ。

 ナショナリズムを発揮して何の得があるのかと考えるのは早計だろう。韓国では日本と異なり、ナショナリズムによって社会的地位を得るトレンドがある。

 例えば、韓国の代表的な“ネトウヨ”であるVANK。世界中のサイトや教科書、地図などの“竹島”、“日本海”表記を修正させる活動を行うこの団体は、昨今会員数10万人を超えるほどの勢いで成長し、政府から支援金を得るほどの地位を築いている。ナショナリズムを示すことは、韓国社会で自らの地位を確立する一つの手法なのだ。

 この“手法”は民間団体だけでなく、スポーツ選手や芸能人、政治家もよく使う。朴槿恵大統領も3.1節記念辞で、「日本は歴史を正しく直視して、責任をとる姿勢を持たなくてはならない」と毅然と述べ、韓国市民の支持を得ている。

 “反日”を叫ぶ(=ナショナリズムを誇示する)ことで、社会的な地位を築こうする『路地裏商圏生存消費者連盟』。だから今回の不買運動に対して、「経済的に日本になんの影響もない」、「韓国経済の首を絞めるだけ」と真正面から反論、批判することは、本質的に意味がない。「暴走する反日感情」「冷めぬ反日」と危険を煽る必要もまったくない。彼らの“狙い”は、日本ではなく韓国国内に向けられているのだから。

 日本製品の不買運動を通じて、同連盟は今後どのような社会的地位を獲得していくだろうか。少なくとも現在、彼らの名と活動は日本にまで届いている。それに過敏に反応して得をするのもまた、彼らであることは間違いない。
(文=呉 承鎬)

■おすすめ記事
シャープ、出資受けるサムスンへ過去に技術漏洩の疑い…元副社長が明かす
新配信サービス人気で変わる音楽市場 日本だけガラパゴスでm-flo Takuも怒り
さらば白川総裁! 祭り上げられた5年間の評価は「何もできなかった」!?
ユニクロは3年内離職率50%超!高いうつ病罹患率、サービス残業横行、軍隊的社風…
『サキ』『最高の離婚』、NHKまで…なぜテレビに男性の裸があふれるのか?

最終更新:2013/03/11 15:57

韓国の日本製品不買運動 その目的は“社会的地位獲得”にあり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

去る3月1日、韓国の一部の人々の間で日本製品“不買運動”が始まった。不買運動は、韓国の民...
写真