日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > AKB総選挙 ももクロに対抗心

「ももクロよりも先に!」AKB48選抜総選挙が“日産スタジアム”で開催された内情

sashiko0611.jpg撮影=岡崎隆生

 8日、ヘタレキャラでおなじみの指原莉乃がセンターを勝ち取り、いつもと違った雰囲気で幕を閉じた「第5回AKB48選抜総選挙」。

 前回、前々回と日本武道館で行われた開票イベントだが、今年は舞台を日産スタジアムに移し、約7万人のファンを動員。開票イベントの直前には、「AKB48スーパーフェスティバル~日産スタジアム、小(ち)っちぇ!小(ち)っちゃくないし!!」と題したコンサートも開催され、これにより同会場でコンサートを行った“史上初の女性アーティスト”という快挙まで打ち立てることとなった。

 これについて、関係者からある内情が漏れ聞こえてきた。

「実は、今年の総選挙もこれまで通り、平日に日本武道館で行われる予定でした。しかし、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)が、8月に日産スタジアムで単独コンサートを行うという情報を聞きつけ、慌てて会場を変更したんです。もともと押さえていた6月5日の日本武道館には、“AKB48グループ研究生コンサート”をねじ込みました」(AKB48関係者)

 AKB48が日産スタジアムでの開催を発表したのは、1月27日の「リクエストアワー セットリストベスト100」のステージ上。そのわずか6日後、ももクロもイベント中に同会場でのコンサートをサプライズ発表したのだが、もしかしたらももクロ運営は“女性アーティスト初”をうたえなくなったことに、ほぞをかむ思いだったかもしれない。

 しかし、ももクロの最新シングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」(スターチャイルド)の初動約7万3000枚に対し、AKB48の最新シングル「さよならクロール」(キングレコード)は初動約176万3000枚。大きな差が開いているようにも感じるが、今回の一件は、アイドル業界の争いがさらに熾烈になっている表れかもしれない。

「国民的アイドルのAKB48も、グループ内での世代交代の真っ最中でデリケートな時期のため、これまで以上に危機感を持っているのは事実です。今回、AKB48グループ総勢260人によって7万人の会場を埋めたわけですが、これをももクロがたった5人のメンバーで成し遂げてしまったら、それはまたAKB48にとって脅威でしょう」(アイドルに詳しいライター)

 ももクロはこの8月、AKB48に続いて日産スタジアムをファンで埋め尽くすことができるのだろうか?

最終更新:2013/06/13 12:39
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed