日刊サイゾー トップ > スポーツ  > “天性のヒール”安藤美姫に逆風

“天性のヒール”出産発表の安藤美姫にフィギュア界から吹き荒れる逆風

andoumiki_0073.jpg『空に向かって 増補版』 (扶桑社文庫)

 1日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、今年4月に女児を出産していたことを明かしたフィギュアスケート選手の安藤美姫に、フィギュア界から逆風が吹き荒れている。

 2日、日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長が安藤について「特別扱いは絶対にしない」という強い調子のコメントを発表。出産についても「テレビで見て驚いた」と不快感を示した。

「昨年10月に、せっかくお膳立てしたグランプリシリーズを安藤にドタキャンされたスケ連(スケート連盟)にしてみれば、“復帰するなら事情くらい説明しろ”と言いたくなるのも理解できる。2年も活動実績のない安藤を優遇すれば、ほかの選手からの反発も大きくなる」(スポーツ紙記者)

 そんな安藤は、この1月にトヨタを退社して以降、無所属の状態が続いていた。今回の復帰にあたって「新横浜プリンスクラブ」に所属することになったが、強化指定からも外れており、10月の関東選手権から勝ち抜かなければならないことになる。

「それも自業自得ですよ。安藤がドタキャンした去年の中国杯は、当時所属していたトヨタが冠スポンサーになって、『トヨタレクサス杯』という大会名で開催された。まさにトヨタは、全社を挙げて安藤をバックアップするつもりだった。それをドタキャンしたわけだから、トヨタにいられるわけがない」(同)

 また、ネット上ではフィギュアファンからも「ワガママすぎる」「いつまで被害者面をしているのか」「混乱を招くから出ないでほしい」などと、厳しい声が相次いでいる。

 四面楚歌状態の安藤だが、ソチ五輪への出場の可能性はどれくらいあるのだろうか?

「3カ月後に関東予選が迫っている現段階でまだ3回転も飛べない状態だそうですから、相当厳しいと言わざるを得ない。ただし、安藤はモロゾフ元コーチとの関係がこじれて世間からも非難を集めていた10-11年シーズンで圧倒的な強さを見せるなど、逆境でこそ燃える“天性のヒール”のようなところがある。それに、もともと練習量が豊富なほうでないのに軽々と4回転を飛んでしまった才能の持ち主。ひょっとしたらひょっとするかもしれない」(同)


12
こんな記事も読まれています

“天性のヒール”出産発表の安藤美姫にフィギュア界から吹き荒れる逆風のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

1日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、今年4月に女児を出産していたこと...
写真