日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 高島彩に【ギャラ泥棒】の声

局内からは「ギャラ泥棒」の声も!? 結婚後初レギュラーが“超低空飛行”で高島彩が大ピンチ!

ayapan0730.jpg『irotoridori』(幻冬舎)

 2010年末でフジテレビを退社し、フリーとなった“アヤパン”こと高島彩アナ。4月にスタートした古巣フジテレビの情報バラエティ『テレビシャカイ実験 あすなろラボ』でタレントの加藤浩次とともに司会を務め、同番組が結婚後初のレギュラーとなった。


「11年10月の結婚当初は、夫のゆず・北川悠仁と2人の時間を楽しみたかったためか、仕事をセーブしていた。今回レギュラーを受けたのは、北川の母で宗教法人・かむながらのみちの教主・北川慈敬が『早く跡取りが欲しい』と子作りにプレッシャーをかけるため、それに反発。まだまだ『子作りより仕事』という姿勢をアピールしたかったようだ」(制作会社関係者)

 結婚後初のレギュラーとあって、フジはそれなりに“厚遇”したようで、「ギャラは加藤の1本100万円を上回る120万円。おまけに、『プライベートには一切触れないでほしい』という高島サイドの要求をのんだ」(同)という。

 だが、4月21日の初回視聴率は6.8%。第2回は5.3%、第3回は4.7%と、まったく回復せず、今月に入っても“低空飛行”が続いている。

「もともと、コンセプトがいまいち定まっていないのに見切り発車した番組。視聴率が取れるのは、いまやすっかりお茶の間の人気者となった大手予備校・東進ハイスクール講師の林修氏が出ずっぱりだった回など数回程度で、今月21日にも登場させるなど、すっかり林氏頼みになっている。とはいえ、同番組は高島がCMに出演している花王の一社提供だけに、そう簡単には打ち切りにできない。高島は特に視聴率に貢献したわけでもなく、トークも面白いわけでもないので、局内では『ギャラ泥棒』の声も上がっているほど。退社後も上々だった評価が、ガタ落ちしてしまった」(フジテレビ関係者)

 いずれにせよ、同番組がコケたことで、今後の仕事に多大なる悪影響を与えそうだ。

最終更新:2013/07/30 10:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

晩年の家康が寵愛した側室たち

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

明石家さんまは「発光体」なのか?

「いちばん最初、生でさんまさん見たとき、オーラ出まくりというか……」  2日に放送されたラジオ『川島明 そもそもの話』(TOKYO FM)に、元・雨...…
写真