日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 安達祐実ヌード写真集に需要は?

「思ってたのと違う」安達祐実の“オカズにならない”ヌード写真集に需要はあるか

adachi0902.JPG安達祐実写真集「私生活」(集英社)

 2日に発売された女優・安達祐実(31)の写真集「私生活」(集英社)の内容が良くも悪くも「むき出しすぎて、怖い」と評判だ。

 同書は、芸歴30周年を迎えるにあたり“何かを残したい”と安達自ら企画したもので、20代の終わりから自宅や伊豆、八丈島などで約2年半にわたり彼女を記録した大作。

 発売前には、「ヘアや乳首は出すのか?」と肌の露出度合いが話題になっていた同書。実際、フルヌード写真集に違いはないが、ヘアは写っておらず、バストトップもブラウスごしに透ける程度となっている。

 安達は終始、不倫相手にでも向けるようなじっとりとした視線でカメラを見つめ、中にはパンツの上から股間に手をまわし、エクスタシーを感じているような表情や、ハメ撮りを思わせるような顔写真も。

 肌をきれいに修正する写真集がほとんどの中、無修正にこだわっているようで、毛穴やソバカスの一つひとつがはっきりと印刷され、その生々しさは本から安達の体臭が漂ってきそうなほどだ。

 すっぴんでの泣き顔や、暗い表情も多く、ネット上では「ヤク中かDVを受けた後にしか見えない」「むき出しすぎて、怖い」という声も。物心つかない2歳で芸能界入りし、女優としての浮き沈みや、お笑い芸人との結婚・離婚、母親のAVデビューなど、紆余曲折を味わってきた彼女が残したかったものは、作られた自分や未来の希望ではなく、自身の30年間そのものなのだろう。

 また先月には、同書のカメラマンとの交際が報じられたばかり。他人ではなく恋人に撮影されていたと考えれば、ここまでむき出せたのも納得できる。

「なんだかものすごい写真集であることは間違えありませんが、凡人には理解に苦しむ内容。発売日に飛びついた購入者の感想を見ると、『ヌードっていうから買ったのに、オカズにならない』『見た後にどんよりする』『思ってたのと違う』『透け乳首が黒すぎる』と、エロさを求めたがゆえに落胆する人ばかり。安達さんが『芸術として楽しんでいただければ』と言っている通り、どうやら芸術作品として買い求めるのが正解のようですね」(芸能記者)

 今月14日に32歳を迎える安達。自分をさらけ出した彼女は、これから一体、どこへ向かって行くのだろうか。

最終更新:2013/09/03 20:29
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真