日刊サイゾー トップ > 芸能  > 故・桜塚やっくんの意外な素顔

“レイプ疑惑”も営業の材料に──悲運の死を遂げた桜塚やっくんの貪欲な素顔とは

51C95TKD88L.jpg『ゲキマジムカツク』(ユニバーサルJ)

 「スケバン恐子」で知られる桜塚やっくんが5日午後4時50分ごろ、山口県美袮市東厚保町の中国自動車道下り線で、ワゴン車を運転中に中央分離帯に衝突する単独事故を起こし、車から降りた際、後続車にはねられ死亡した。享年37。死因は心臓破裂だった。


 やっくんは『エンタの神様』(日本テレビ系)などに出演し、竹刀を持つセーラー服姿の女装キャラでブレーク。その後は歌手、俳優としても活躍。しかし、2010年10月に大手プロを離れてから、不遇の時代を過ごした。

 11年3月には、ホテルで女子大生に乱暴した準強姦容疑で書類送検されていたことが明らかに。桜塚は「清廉潔白」を主張していたが、イメージはガタ落ちで仕事は激減。畳み掛けるように、今年2月には資産家夫婦殺害事件の際に桜塚の名前が浮上。夫婦の愛犬の誕生日パーティーにゲスト出演していたことが明らかになった。

 そんなやっくんの“素顔”について、芸能関係者は「とにかく話がうまいし、頭の回転も早い。半面『あの人は今』みたいな扱いをされるのを嫌がっていて、常にいろいろなことに挑戦していた」と話す。

 そうは言っても、スキャンダルが相次いではテレビ局はおろか、新聞や雑誌などの活字媒体もあまりいい顔はしない。

「そういう時は、彼が自ら新聞社に『こんなネタありますけど、どうですか?』と営業電話を掛けてくるんです。それも、企画書まで作って。仕事に対しては、ほかに類を見ないほど貪欲でしたね」

 そう明かすのは、某スポーツ紙記者だ。レイプ疑惑が発覚し、その影響を拭いきれないでいた時には、やっくんから「スケバン恐子のキャラで編集部にお邪魔していいでしょうか?」と電話があったという。聞けば「“レイプ疑惑の真相を語るだけではつまらないし、記事にならないでしょうから”と。“だったら、木刀を持って『アンタらのせいで仕事がなくなった!』と編集部に乱入したあと、別室で取材に応じるのはどうですか?”と。マスコミの特性を熟知していましたね」(同)。

 早すぎる死に、マスコミ関係者も驚きの色を隠せない。

最終更新:2013/10/10 08:00
こんな記事も読まれています

“レイプ疑惑”も営業の材料に──悲運の死を遂げた桜塚やっくんの貪欲な素顔とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

「スケバン恐子」で知られる桜塚やっくんが5日午後4時50分ごろ、山口県美袮市東厚保町の中...
写真