日刊サイゾー トップ > 芸能  > 樫木トラブルは代理戦争!?

カーヴィーダンス・樫木裕実の“スタジオ閉鎖トラブル”は「光文社」vs「小学館」の代理戦争だった!?

51zAW8NEttL._SL500_AA300_.jpg『うの 樫木やせ』(小学館)

 カーヴィーダンスでおなじみ、ボディメイクトレーナーの樫木裕実に浮上した“スタジオ閉鎖トラブル”。

 最初に報じたのは先月29日発売の「女性自身」(光文社)で、同誌によると、樫木プロデュースで昨年12月にオープンした「カーヴィーグランド」の閉鎖が突然決まり、会員や50人あまりのスタッフが困惑。主な理由は経営不振で、同スタジオを経営する女性オーナーが12月9日付の撤退を決めた。樫木は女性オーナーの「スタッフを引き取ってほしい」という要望を聞き入れず、一人で去っていこうとしているという。

 これに樫木は、先月31日発売の「女性セブン」(小学館)で取材に応じ、オーナーから一方的に解雇通知が届いたことや、スタッフを残して「逃げ出した」とする報道を否定。親友の神田うのも擁護に加わり、「ひどい記事」と女性自身の報道をコキおろした。

 ただ、事情知る関係者によれば「どっちもどっち。樫木さんの考えが甘く、ジムや隣接するキッチンが赤字なのは事実。片やオーナーも事前予告なしに、いきなり解雇通知を送ったことはルール違反だ。その根底にあるのは、金銭的な問題より、女性特有のいがみ合い。もともと2人はウマが合わず、衝突ばかりしていた」という。

 これに輪をかけ、「女性自身」が“樫木バッシング”を展開。出版関係者は「樫木さんがヒロミさんのジムを独立した時からの因縁。個人的に気に食わないというわけではなく、樫木さんがライバル誌『女性セブン』を発行する小学館とツーカーで、うのさんとの共著『うの 樫木やせ』がバカ売れしたのが面白くないだけ。女性誌業界でライバル社の“ヒット商品”を潰しにいくのは、よくあることです」と話す。

 いまだ解決の糸口が見えないスタジオ閉鎖トラブル。ネガティブキャンペーンは、今後も続きそうだ。

最終更新:2013/11/05 11:43
こんな記事も読まれています

カーヴィーダンス・樫木裕実の“スタジオ閉鎖トラブル”は「光文社」vs「小学館」の代理戦争だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

カーヴィーダンスでおなじみ、ボディメイクトレーナーの樫木裕実に浮上した“スタジオ閉鎖トラ...
写真