日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紅白ノーサプライズはサブのため?

“卒業”北島三郎の花道を飾るため!? 『紅白』サプライズは本当に何もないのか

1400541951.jpg『「北島三郎特別公演」オンステージ 17 北島三郎、魂の唄を』日本クラウン

 先月25日に出場歌手が発表された、大みそかに行われる『第64回NHK紅白歌合戦』。発表後に初出場歌手が出席して行われた会見には、泉谷しげる、NMB48、miwa、E-girlsら9組で、総勢91人が顔をそろえたが、「正直、盛り上がったのは泉谷がほえた場面だけだった」(会見に出席した記者)。

 12月に入っても、各スポーツ紙や各週刊誌でまったく“サプライズ歌手”の名前が挙がることもないが、どうやら、本当にサプライズのない紅白になりそうだという。

「目玉といえば、大ヒットした朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のオールキャスト勢ぞろいだが、劇中歌をシングルカットされてヒットした『潮騒のメモリー』の生歌が期待される小泉今日子は、いまだに『大みそかは家にいたい』と、出演を渋っているよう。紅白の制作サイドも所属事務所も、頭を悩ませている。今年活動を再開したサザンオールスターズの名前が挙がったこともあったが、現時点で出演の可能性は限りなくゼロに近い」(NHK関係者)

 どうやら、このままだと例年になく寂しい紅白となり、高視聴率を期待することはかなり難しいようだが、あえて目玉をなくしたのはどうやら、あの大物演歌歌手の花道を飾るためのようだ。

「一部週刊誌で報じられたが、記念すべき50回目の出場を果たす北島三郎が、今年を最後に紅白を“卒業”することが決定している。理由については、既報通り、来年デビュー10周年を迎える娘婿の北山たけしに自分の“枠”を譲り、10周年に花を添えようという北島の“親心”のようだが、かなり早い段階で、紅白の歌手選考に絶大な影響力を持つ芸能界の実力者に『紅白は今回で最後にしたいので、大トリを務めたい』と申し入れていたという。紅白にしても、サブちゃんは功労者だけに、華々しく花道を飾ってもらうため、サプライズ歌手を出さず、大トリに向けて盛り上げる構成にするようだ。紅白のリハから記事にしている各スポーツ紙は、サブちゃん一色になりそう」(芸能デスク)

 北島といえば、代表曲に何度も紅白で熱唱した「まつり」があるが、今年の紅白は“サブちゃんまつり”になりそうだ。

最終更新:2013/12/08 08:00
こんな記事も読まれています

“卒業”北島三郎の花道を飾るため!? 『紅白』サプライズは本当に何もないのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

先月25日に出場歌手が発表された、大みそかに行われる『第64回NHK紅白歌合戦』。発表後...
写真