日刊サイゾー トップ > 芸能  > あゆ“成田取材”へのこだわり

「彼氏にもアピールしたいし!?」婚約者と出国の浜崎あゆみ“成田取材”へのこだわりとは

ayu0107.jpg

 恒例行事とはいえ、ここまでやると「もう、うんざり」だろう。昨年末、浜崎あゆみがまた新しい恋人の存在アピールを自ら仕掛けた。今度の相手は白人男性。年下の医学生で「坊主頭のイケメン」と報じられているが、相手の素性よりも「今度はいつまで続くの?」と誰もが思ったはずだ。そして6日、成田から2人で“手つなぎ出国”し、またしても多くの報道陣が駆け付けた。


「会員制のブログで恋人の存在を明らかにし、数日後に成田空港に帰国したところをマスコミに写真を撮らせる。最初の結婚相手だったマニュエル・シュワルツも、パリでのデートが報じられたバックダンサーの内山麿我も同じパターン。すべて浜崎サイドから帰国情報を流しています。要は、“彼と一緒に帰るので、写真を撮って大きく報道してください”ということですよ。マスコミ各社はもちろん、エイベックス社内もあきれ返っている状態」(ワイドショースタッフ)

 その意図も単純明快。報じられた直後に、新曲のリリースやコンサートなどイベントが待っている。いわば宣伝活動の一環。今回も新曲のリリースに『紅白』、コンサートと盛り上げる必要がある。さらに別な意図もある。

「私生活で騒がれる現場は常に成田。以前、左耳が難聴になったときでさえも成田でした。もっとも、その時は動く歩道でインタビューを受けた際、あまり聞こえないはずの左耳のほうに質問をぶつけると、『大丈夫です』と答え、聞こえているじゃないかと笑い話になりました。彼女は常に海外に滞在していて、そこから帰国するのをステータスとしている。さらに彼氏にも『私は日本では大スターなのよ』とアピールする場にしているのだと思います。ですから、帰国する際は大勢のマスコミを呼ばなければならない」(女性誌記者)

 メディアに取り上げられてナンボが芸能人の価値。自ら仕掛けたとはいえ、浜崎の男関係は常に大きく取り上げられる。業界内外で“空港芸”と揶揄される浜崎の成田での取材劇は、今後も繰り返されそうだ。

最終更新:2014/01/07 12:20
こんな記事も読まれています

「彼氏にもアピールしたいし!?」婚約者と出国の浜崎あゆみ“成田取材”へのこだわりとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

恒例行事とはいえ、ここまでやると「もう、うんざり」だろう。昨年末、浜崎あゆみがまた新しい...
写真