日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『明日ママ』騒動が国会まで波及

ついに国会が動いた『明日ママ』、第4話の注目は「あだ名」「施設長のキャラ」の2点

ashidamana1129.jpg

 芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)が児童らに与えている影響について、田村憲久厚生労働相は3日、衆院予算委員会で実態を調査する方針を示した。

 日本維新の会の中田宏氏は、ドラマの内容について「施設長が(児童に)『ペットの犬と同じだ』と言うのは、全国の施設職員からすれば憤りを禁じ得ない」などと指摘。田村氏は、「フィクションだからデフォルメもある」とした上で、「入所している子に自傷行為があったとの報道がある。全国児童養護施設協議会に確認し、調査したい」と述べた。

 同協議会は先月30日、日本テレビ制作局長らとの面会で、「施設内での子どもへの暴力や暴言」「子どもをペット扱いするような表現」「子どもに対する『ポスト』などのあだ名」の3点を改善するよう申し入れた。局側はこれに、「検討した上で、2月4日までに変更点を具体的に提示する」としたため、今後放送分の内容が注目されている。

「国会でこの問題が出たことで、ドラマ肯定派の間では『騒ぎすぎ』『ドラマの影響よりも、養護施設の実態を調査すべき』などと波紋が広がっています。5日放送の第4話は、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのような理想の夫婦に引き取ってもらうことを夢見て、いつも妄想ばかりしているボンビ(渡邉このみ)が、初めて“お試し”(養子縁組となる前に、その家で試験的に過ごすこと)に行くストーリー。同協議会の抗議により、登場人物のあだ名は変わらず使われるのか、また、これまで子どもたちに厳しく当たってきた施設長・佐々木(三上博史)のキャラに、何かしらの変化があるのか、特にその2つに関心が集まりそうです」(芸能記者)

 視聴者からは、「こんなリアリティのないドラマ、早く放送中止すべき」「傷ついている児童がいる限り、放送すべきではない」「一部のワーワー騒いでる団体よりも、なぜ視聴者を大事にしないんだろう……」「クレーマーに屈せず、最終回まで予定通り完走してほしい」など、依然として賛否が飛び交っているこの騒動。しばらくは平行線をたどりそうだ。

最終更新:2014/02/04 16:30

ついに国会が動いた『明日ママ』、第4話の注目は「あだ名」「施設長のキャラ」の2点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)が児童らに与えている影響について...
写真