日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宮根が“現役”船木に復帰促し炎上

『ミヤネ屋』宮根誠司が“現役ジャンパー”船木和喜選手に「復帰したら?」勘違いも謝罪なく、批判殺到

miyaneya0218.jpg『情報ライブ ミヤネ屋』読売テレビ

 ソチ五輪スキージャンプで葛西紀明ら日本代表の団体銅メダル獲得を伝えた18日の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でのキャスター宮根誠司の振る舞いに、批判が殺到している。


 宮根は、41歳でメダルを獲得した葛西を引き合いに、解説コメンテーターとして出演していた長野五輪金メダリスト船木和喜に対し、「葛西さんは船木さんの3つ年上なんですよね?」「(船木も)もう1回現役復帰したらどうですか? いけるんちゃいます?」などと発言。船木が「いや、僕まだ現役ですから」と答えるも、「いや、オリンピック目指すって、言いはったら? 平昌行く! って」などとまくし立てた。

「船木は2002年のソルトレイク五輪以降、代表落ちしているものの、自ら起業しジュニアの育成にも力を入れながら、現役で飛び続けている。番組でも、すでに引退している原田雅彦には“氏”、船木には“選手”と肩書が付いていたが、宮根は“船木は引退しているもの”と思い込んでしまったようだ」(芸能ライター)

 ここまでなら、単なる“勘違い”として「大変失礼しました」と謝れば済む話。だが、宮根は船木が「はい、それはもう(平昌五輪を)目指してますよ」と答えると「あっ、ほんなら原田さんも行く?」などと笑って話をそらし、ごまかしたことから、ネット上の掲示板などで批判の書き込みが殺到しているのだ。

「船木が長く一線から遠ざかっていることからも、ネット上でも『引退してると思ってた』という声は多数あるようです。批判は宮根のその後の態度に対してですよね。『間違えたら、まず謝罪やろ』など、正論の書き込みが相次いでいますよ」(同)

 明るい話題にミソを付けてしまった宮根、明日からどんな顔で五輪のニュースを伝えるのだろうか?

最終更新:2014/02/19 11:34

『ミヤネ屋』宮根誠司が“現役ジャンパー”船木和喜選手に「復帰したら?」勘違いも謝罪なく、批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

NHKドラマ抜擢の小川未祐

ソチ五輪スキージャンプで葛西紀明ら日本代表の団体銅メダル獲得を伝えた18日の『情報ライブ...
写真