日刊サイゾー トップ > 芸能  > モノノフ勝谷誠彦が問題発言

「モノノフが誤解される……」勝谷誠彦がモー娘。らを“前座”呼ばわりで大炎上中

momoclo1017waku.jpg

 ももいろクローバーZのファン“モノノフ”として知られるたジャーナリストの勝谷誠彦氏が、モーニング娘。’14やフェアリーズをももクロの「前座」と称したとして、一部アイドルファンから反感を買っている。

 勝谷氏は17日、情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)にコメンテーターとして出演。エンタメニュースのコーナーでは、モー娘。、フェアリーズ、ももクロそれぞれが週末に行ったライブの映像が順に放送されたが、モー娘。のパフォーマンス映像が流れるや否や、「あ~、全然キレてないなあ」とため息交じりに話す勝谷氏らしき声が。さらに、続けて流れたフェアリーズの映像中には、「もう早く、前座いいから!」と発言。

 その後、ももクロが2日間で11万人を動員した国立競技場でのライブ映像が流れると、ワイプに映った勝谷氏は人が変わったように大興奮。どうやら勝谷氏は、このライブを南海キャンディーズの山里亮太と並んで見ていたようで、「これね、日が暮れると(会場が)すごいんだよ! この(花道の)横の左側に俺と山ちゃんが座ってたという、キモイ状況なのよ!」「(衣装が桜柄だったため)桜の妖精みたいだった! 国立にいるということはどんだけ大事なことかっていうのが、(ももクロは)よく分かってるんだよ。そこで日本国の国花である桜の格好をしてですね!」などと、まくし立てるように話し始めた。

 この“前座”発言に一部アイドルファンが激怒。Twitter上には、「勝谷マジで糞だな。売れたアイドルを応援してたぐらいで自分が偉くなったような気になってんじゃねえぞ。しかも完全に後乗りのくせに。バカじゃねえか」「謝罪しろ」「モノノフ勝谷が屑すぎる」といったツイートが相次いだ。さらに一部ももクロファンも「モノノフが誤解されるから、もう好きとか言わないでほしい」「あなたの発言でももクロ嫌いになる人もいますよ」「今日、ほかのアイドルを『前座』呼ばわりした勝谷氏は、今まで一体ももクロの何を見てきたのか」などと難色を示しており、中には「自称モノノフの勝谷さんは、(国立の)ライブ半分も経たない内にお帰りになってました。忙しいなら来なくていいのに……」という暴露も。

 また、『スッキリ!!』はフェアリーズをデビュー前から取り上げており、グループ名も同番組の企画で付けられたもの。そのため、フェアリーズファンからは、「『スッキリ!!』はホームだと思ってたのに……」「なんか悲しい」といった投稿もちらほら。


12
こんな記事も読まれています

「モノノフが誤解される……」勝谷誠彦がモー娘。らを“前座”呼ばわりで大炎上中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

ももいろクローバーZのファン“モノノフ”として知られるたジャーナリストの勝谷誠彦氏が、モ...
写真