日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐村河内 逆ギレ訴訟の勝算は?

芸能マスコミが恐れる男を“守護神”に……佐村河内守氏の逆ギレ訴訟に勝ち目はあるのか

samura0318.jpg

 “偽ベートーベン”こと佐村河内守氏が、ゴーストライターを務めた新垣隆氏を「訴える」と息巻いている。

 これは、今月7日に開いた謝罪会見という名の“逆ギレ会見”で突然ブチ上げたもの。大半のマスコミは「会見内容もウソばかり。訴えても、負けるに決まっている」と嘲笑していたが……。テレビ関係者の話。


「佐村河内氏は大マジで、水面下で某局の芸能デスクに今後のことを相談していたそうです」

 そんな周囲の手引きもあり、同氏が代理人を頼んだのは、芸能マスコミの間で「最もやりづらい」といわれる弘中惇一郎氏が代表を務める「法律事務所ヒロナカ」だった。弘中氏といえば、ロス疑惑の故・三浦和義氏の無罪判決を勝ち取った敏腕弁護士。スポーツ紙記者は「弘中氏は人権派で知られ、少しでもおかしな記事を書くと、ソッコーで抗議がくる。マスコミの“天敵”ともいうべき人物で、『弘中』の二文字で十分マスコミの抑止力になる」と話す。

 佐村河内氏の代理人は同法律事務所の山縣敦彦弁護士と、「三羽総合法律事務所」の秋山亘弁護士が務める見込み。ワイドショー関係者は「練りに練った人選。とても佐村河内氏だけで考えつくとは思えない。おそらく周囲に『マスコミにニラミの利く人はいないか』と相談したのだろう。実際、『弘中』と聞いて震え上がったマスコミはかなりいたはず」と話す。

 その一方で、こんな意見も……。

「弘中氏本人が“参戦”してこなかったのがポイント。関わりすぎるのも……という考えなのだろう。新垣氏との訴訟は、ほとんど負け戦。単に、マスコミ対策で雇ったのかもしれない」(前出スポーツ紙記者)

 どちらにしても、敏腕弁護士の登場で風向きも変わってきそうだ。

最終更新:2014/03/18 08:00

芸能マスコミが恐れる男を“守護神”に……佐村河内守氏の逆ギレ訴訟に勝ち目はあるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

“偽ベートーベン”こと佐村河内守氏が、ゴーストライターを務めた新垣隆氏を「訴える」と息巻...
写真