日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木梨憲武がW杯に便乗しないワケ

元祖“サッカー芸人”とんねるず木梨・ナイナイ岡村がW杯に「便乗しない」ワケ

51VX2G60W8L.jpg「二人だけの世界」(ポニーキャニオン)

 サッカーW杯ブラジル大会に臨む日本代表メンバー23人が12日、発表された。

 いよいよ世間はW杯モード一直線に突入したが、W杯や五輪といった世界大会になると、必ずといっていいほど出現するのが“便乗タレント”。それまで大してそのスポーツが好きと公言していなかったのに、世間のブームに乗っかってバラエティ番組やイベントにしゃしゃり出てくる芸能人で、ネット上ではよく「にわかファンのくせに!」とバッシングを浴びる。

 それと一線を画すのが、とんねるずの木梨憲武(52)とナインティナインの岡村隆史(43)だろう。

 木梨は、なでしこジャパンの佐々木則夫監督(55)や、02・06年のW杯日本代表DF中田浩二(34)らを輩出した高校サッカー界の名門・帝京高校サッカー部出身。芸能界の“元祖サッカー芸人”といわれる。

 今大会も、稼ぎ時とばかりに露出増となるかと思いきや、そうでもないという。

「ある番組が、木梨に現地ブラジルに飛んでレポートしてもらう企画を打診したんですが、けんもほろろに断られたんです。ギャラは1日当たり100万円超と、オイシイ話のはずなのに。よくよく聞いてみると、どうも木梨本人が乗り気じゃないらしい。『個展の準備があるから。そっちのほうが大事』って、即NGだったんです」(テレビ関係者)

 抽象画や風景画の個展を開くことで知られている木梨。今年は、今月20日~6月8日に東京・上野の森美術館など、全国4カ所で実施する。

 ただ、相方の石橋貴明(52)とともに、とんねるずは仕事の激減が指摘されている。番組出演のギャラは1本約200万円といわれ、高額。にもかかわらず視聴率が取れないことから、一部では“ギャラ泥棒”と揶揄されている。

「最近は木梨もバラエティ番組で『仕事がない』と自虐的に話しているから、ブラジルの企画も受けるものと思ったんですけどね。W杯関連の仕事も、個展と並行してできるはずでしょ」(同)

 木梨の元には、ほかの番組や出版社からの企画も殺到しているようだが、すべてNGという徹底ぶり。かたくなに断る、その理由は……?


12

元祖“サッカー芸人”とんねるず木梨・ナイナイ岡村がW杯に「便乗しない」ワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

サッカーW杯ブラジル大会に臨む日本代表メンバー23人が12日、発表された。 いよいよ世間...
写真