日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沢村一樹を“第2の阿部寛”に?

『ブラック・プレジデント』沢村一樹を“第2の阿部寛”にしたかったフジテレビの大誤算

ikki0602.jpg『ブラック・プレジデント』(フジテレビ)

 昨今話題になっている“ブラック企業”という時事ネタを、沢村一樹主演でドラマ化した『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系)。

「視聴率は平均で8%以下と寂しい感じですね。業界の評判は悪くないのですが、結果が伴ってこないのは残念です。ここだけの話ですが、数字が良ければ続編や映画化の話もあったみたいですよ」(フジテレビ関係者)


 この数字では当然、そういった話はすべて白紙になったそうだが、沢村を主演にキャスティングしたのには、フジテレビの“ある思惑”があったからだという。

「実は、沢村さんを主演に据えたのは、脚本家の尾崎将也さんの意向だと聞いています。主演は普通、プロデューサーやその上の人たちが決めるのですが、尾崎さんはどうしても沢村さんを起用したかったそうです。どうやら沢村さんを『第2の阿部寛にする!』と息巻いていたとか」(芸能事務所関係者)

 脚本家の尾崎と阿部寛との関係といえば、『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』、『白い春』(すべてフジテレビ系)でタッグを組んだ仲である。

「阿部寛さんも、04年に放送された『アットホーム・ダッド』でブレークを果たしたといっても過言ではありません。それ以降、フジとの関係は良好で、最近だと映画『テルマエ・ロマエ』のヒットが大きいですよね。フジテレビとしては、『テルマエ~』のような映画で大きく稼げる作品を作りたいようで、沢村さんをそういったポジションに育てたかったというのが、今回の起用につながったそうですよ」(同)

 期待も大きかっただけに、今回の結果にフジテレビはこんなことを漏らしているという。

「“正直、沢村さんには荷が重かったな”という話になっていて、そういう話が彼の耳にも入っているみたいです。彼は来年1月クールで『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)の放送が決定していて、『そこで見返してやる!』と意気込んでいるようですよ」(テレビ局関係者)

 沢村の反撃なるか――。

最終更新:2014/06/03 12:00
こんな記事も読まれています

『ブラック・プレジデント』沢村一樹を“第2の阿部寛”にしたかったフジテレビの大誤算のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

昨今話題になっている“ブラック企業”という時事ネタを、沢村一樹主演でドラマ化した『ブラッ...
写真